FC2ブログ

過去作ネタがやけに多いなと思ったら脚本は黒田洋介 「ガンダムビルドダイバーズ」第4話「霊山の虎狼」

 九条小夜子(以下九) 回を追うごとにこれ、ガンプラじゃなくてもいいのでは? という思いがつのる「ガンダムビルドダイバーズ」
 豊橋ミケ(以下猫) 第4話「霊山の虎狼」ではついに生身でMSと戦ったにゃ。
  「ビルドファイターズ」でやったら単なる器物破損だけどね。
  ガンプラではにゃくガンプラのデータをオンライン上で再現して戦う「ガンダムビルドダイバーズ」にゃらではの展開だにゃ。
  「ビルドファイターズ」と差異をつけるためともう一つ。
  もう一つ?
  「ビルドファイターズ」ではプラモじゃできない動きをしていたよね?
  動くはずのにゃい指が動いて武器を持ち替えたり、可動部が無いはずのフィギュアが動いたりしてたにゃ。
  そういった点をクリアするためにもオンラインゲームって設定にしたんじゃないかな。こうしたメリットがある一方、作品の核であるガンプラの存在意義を脅かす展開が……。
  前回から登場したマスダイバーだにゃ。
  データを改竄してスペックを上げられるんだよね。
  そんにゃ事ができるにゃらガンプラじゃにゃくてもいいんじゃにゃいって気がするにゃ。
  実際ネットではそういったコメントが多く見られた。今回はアバター、ウチらの感覚では生身で戦ったわけで、いくとこまでいった感があるね。
  ガンプラバトル・ネクサスオンラインでの感覚に合わせれば超人的な能力を発揮できるんだにゃ。
  他のロボアニメならいくらなんでもやりすぎだろってツッコミが入るんだろうけど……。
  東方不敗って前例があるからにゃあ……。
  今回の舞台が少林寺風ってのもまずかった。
  次元覇王流の再来かにゃ?
  「ビルドファイターズトライ」が格闘に偏りすぎてたからね。監督も同じだし、またかって思っちゃうよね。
 話を戻すけどさすがにクライマックスはガンプラバトルだったから安心したけど、この先、アバター一つでMSを倒そうとする武道家的なキャラが出るのかなぁ。
  一回限りのゲストにゃらともかくレギュラーにしちゃまずいにゃ。
  何度もいうけどガンプラ要らないじゃん! ってなっちゃうもんね。でもえてしてそういうキャラって人気が出ちゃうもんなのよ。

 あと気になったのが時間経過。リクとユッキーは修行の末、リーオーNPDを倒す程強くなってたよね?
  そうだにゃ。
  あの二人って中学生よね? という事は今回はわすか数時間の話って事じゃない? いくらオンラインゲームの中の話とはいえそんな短時間で強くなれるものなの?
  リアルとガンプラバトル・ネクサスオンラインでは時間の進み方が違うのかにゃ?
  それじゃプラフスキー粒子以上のオーバーテクノロジーだよ!


スポンサーサイト

テーマ : ガンダムビルドダイバーズ
ジャンル : アニメ・コミック

tag : ガンプラ ガンダム アバター

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドダイバーズ 第4話

ガンダムビルドダイバーズ 第4話 『霊山の虎狼』 ≪あらすじ≫ GBNの世界を守りたいと語ったクジョウ・キョウヤに、ダイバーとしてのスケールの違いを思い知ったリク。少しでもチャンピオンに近づくためには、何をすれば良いのか悩む。そんな彼に知り合いのダイバーを紹介するマギー。リクが進むべき道を学ぶため、ユッキー、そして正式アカウントを取得したモモの3人は、中華風の世界が広がるエスタニア...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
月別アーカイブ