惜しい! 「ティガ」の「最後の審判」には及ばなかった!! 「ウルトラマンジード」 第16話「世界の終わりがはじまる日」&第17話「キングの奇跡! 変えるぜ! 運命!!」 

 九条小夜子(以下九) ご無沙汰してました~。今回は究極の姿ロイヤルメガマスターを出しちゃった「ウルトラマンジード」の話でーす。
 豊橋ミケ(以下猫) 「出しちゃった」って……。
  まあその話は後でするとして。前作「オーブ」同様2クール前半での最強形態を出した「ジード」。
  「オーブ」の時も思ったけど早すぎるにゃ。これじゃマグニフィセントの印象が薄くにゃっちゃうにゃ。
  その点はウチも同意するね。「オーブ」の場合、サンダーブレスターの暴走があって、それを乗り越えてオーブオリジン登場! となったからサンダーブレスターの印象は薄まらなかったけど「オーブ」の場合そういったエピソードが無いんだよね。
 前後編の前編である第16話「世界の終わりがはじまる日」はTVのワイドショーでジードを支持する人が増えていると報じる一方、コメンテーターは危険視する姿勢を崩さない。
  これ、後編である第17話の伏線ににゃってるよにゃ。
  ライハの手が再び熱くなり、かつて伏井出ケイにとどめを刺そうとしたのを止めた声が聞こえるようになる。
  その声はベリアルの来襲を告げていたにゃ。
  ライハはAIBの研究施設に連れていかれ、そこで検査を受けることになる。
  実際は検査する前にゴドラ星人ゴドー=ウィンが暴れ出したので何もしてにゃいけどにゃ。
  さらにベリアルが来たからそれどころじゃなくなっちゃった。
  変身能力にゃらザラブ星人じゃにゃいの?
  確かに変身能力といえば誰でもザラブ星人を思い浮かべるでしょうね。でもザラブ星人は映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」でウルトラマンになりすましてベリアルを開放するも、そのベリアルにギガバトルナイザーの試し切りで瞬殺される役で出ていて、今回の役割とだぶるのよ。だからザラブ星人の起用は見送られたんだと思う。
  でも何でゴドラ星人? 変身能力を持つ宇宙人にゃんてたくさんいるにゃ。
  確かにミケのいう通りでゴドラ星人でなくちゃならない理由は思いつかない。でも変身して潜入したり、演出の妙で複数いると見せかけるなど原典を踏襲した描写が見られる。
 本筋とは関係ないけど「ジード」のゴドラ星人って胸のヒレみたいな部分がクリーム色になっていて目立ってるね。

 「ジード」のゴドラ星人 「セブン」のゴドラ星人

 ゴドー=ウィン達の目的はリトルスター保持者を母性に連れ去って研究する事だった。
  でもゴドー=ウィンって研究施設でもそれにゃりの地位に就いていたみたいだし、強引にさらわにゃくてもよかったんじゃにゃいかにゃあ。面倒な研究はAIBにやらせてその成果だけ盗むことだってできたし、その方が楽だったんじゃにゃい?
  AIBのやり方じゃ手ぬるいって思っていたんじゃない? ゴドラ星に連れ帰ったら非人道的な人体実験をやるつもりだったのかも。
  にゃるほど。
  それにモアがカレラン分子を分解する酵素を研究中って言ってたじゃない。もしそれが完成すればリトルスターも分解できるかもしれない。そうなればリトルスター保持者を生物兵器として利用するのは難しくなる。
  リトルスター分解酵素の研究の妨害も兼ねていたのかもにゃ。
  カレラン分子分解酵素は終盤、重要なアイテムになるかもしれないね。何気ない一言だったけど意外と重大な伏線かも。
  伏線といえば研究施設にはジャック、エース、タロウの能力を模した能力を持つリトススター保持者がいたにゃ。
  第17話で彼らのリトルスターはジードに譲渡された。ロイヤルメガマスターが登場した以上、新フォームが出るとは考えにくい。ロイヤルメガマスターのキングソードにセットして使うんじゃないかな。
  にゃるほど。
  あっちいったりこっちいったりで申しわけないけど、ゴドラ星人の陰謀に話を戻すね。AIB本部も研究施設も隙を突かれて逆襲され失敗。
  言ってる事は勇ましいけどライハの陰に隠れてるモアがいいにゃ。
  追い詰められたゴドー=ウィンは巨大化。そこに駆けつけたジードと戦う。
  変身して飛んできたけど何で秘密基地のエレベーター使わにゃかったのかにゃ。
  それはウチも不思議に思った。昼の街中だったから人目につくのを恐れたのかな。
 ジードとゴドラ星人の戦いに何の脈絡も無くベリアルが乱入。ギガバトルナイザーの一振りでゴドラ星人を瞬殺してしまった。
  本当に関係なかったにゃ。
  かませですらなかった。
  怪獣や宇宙人の爆発でウルトラマンがふっとぶってのは初めてだにゃ。
  それだけベリアルの力が強いって事だね。
 さらにゼロも参戦。
  今回のゼロはいつもと違って一歩引いたところから助言を与える兄貴的にゃポジションだったにゃ。
  これはリクの物語だからね。
 ゼロビヨンドになって立ち向かうが、それを引きはがし、がむしゃらにベリアルに挑みかかるジード。二人は泥まみれになって殴り合う。ここでジードが泥で黒くなっていくのは怒りに我を忘れ、感情に任せて戦う事でベリアルに近くなっている事を表しているのかな?
  どうかにゃ。
  ゾグ第二形態とファイブキングと融合し、キメラベロスとなるベリアル。
  他のベリアル融合獣と違ってゾグやファイブキングの要素が見当たらにゃいにゃ。
  そうだね。他の融合獣との差別化かな。
 キメラベロスはジードを吸収し、飛び去っていく。後編の第17話「キングの奇跡! 変えるぜ! 運命!!」はその翌日からスタート。
  キメラベロスは月でジードとの融合が終るのをじっと待っているにゃ。
  とはいえ何もせずにぼーつとしているわけじゃなかった。キメラベロスの内部ではベリアルとリクの戦いが続いていた。
  しかし、リク一人ではベリアルには敵わにゃい。甘い言葉で取り込まれてしまったにゃ。
  ゼロから例の声の主がウルトラマンキングらしいと聞き、彼の助力を得るべくその力が最も濃厚に残っている場所、クライシス・インパクトの爆心地へ向かう。そこでキングに会ったライハは自分の出生にキングが関わっていた事を知る。
  両親の祈りに応えたキングが産まれる前のライハを助けたんだにゃ。
  だからライハはキングと深いつながりを持っていて、リトルスターが消えたと間違える程縮小した後でもキングの声を聞くことができたし、カレラン分子が集まりやすい体質でもあった。
 一方月面に向かったゼロはキメラベロス相手に苦戦する。
  実はそのキメラベロスの身体はベリアルの手に墜ちたジードが操っていたものだったにゃ。
  その最中、キングの力でキメラベロスの内部に送られたライハはリクに呼びかける。「あなたはヒーローなのよ!」という叫びに反応し、リクの精神は幼い頃に見たヒーローショーに移る。泣いているリクを励ましたのはドンシャインだった。ここ、惜しいなあ。
  どういう事にゃ?
  ヒーローショーの声援がリクの再起に重なれば……。尺の都合か、リクの再起に関わるのはライハだけなんだよね。モアはおろかAIBは何もしてないし、市民達もそう。でもライハだけじゃなくモアやAIB、市民達の声が届いていれば……。
  何だか「ティガ」の「悪魔の審判」みたいだにゃ。
  そう、それなのよ。キリエロイドⅡに破れたティガをイルマ隊長の呼びかけに応えた人々が光で照らす。それに力づけられたティガは再び立ち上がり、キリエロイドⅡを打破。キリエロイドⅡごと地獄門をゼペリオン光線で粉砕するっていう平成ウルトラマン屈指の名作よ。
 ウチは「ジード」ってこれまでの積み重ねを活かせれば「ティガ」の「悪魔の審判」を超えられる可能性があったって思うのよ。
  ふ~ん。
  ふ~んって……。
  レッキングバーストの勢いで月から地球に戻ったリクとキメラベロス。
  ここからは坂本浩一監督お得意のフォームのフルコースだったね。
  マグニフィセントを見た時、ベリアルが「ケンには恨みがある」って言ってたけどそういう意味かにゃ?
  ケンってウルトラの父の本名だよ。「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」で最初にベリアルが光の国を襲った時、ウルトラの母がそう呼んでいたんだ。ウルトラの父がそう呼ばれるのは後にも先にもその一回だけで、書籍にもあまり載らないから知ってる人はそう多くないだろうね。
  恨みって?
  映画を観る限りベリアルの逆恨みだね。
  ライハから託されたリトルスターからキングのウルトラカプセルが起動したにゃ。ベリアルのカプセルと組んでジード究極の姿ロイヤルメガマスターが登場するにゃ。
  ロイヤルメガマスターってキングの力なんだよね。ウルトラマンキングって一人でベリアルを宇宙監獄に封じたり、超時空消滅爆弾で崩壊するはずだった宇宙を救ったりしていて、ほとんど神みたいな存在なんだよ。はっきりいって何でもあり。キングが出てきた時点でもう事態は解決したも同然なんだよね。
  そうにゃんだ。
  反応悪いなあ。もう後は無いって事なんだよ。だってキングより強いウルトラマンはいないんだから。
  それでいいんじゃにゃい? もう新フォームが出ることはにゃいんだから。
  来春の劇場版があるじゃない。
  あ、そうか。でもそれはギンガからオーブまでの旧ヒーロー達との融合ににゃるんじゃないの?
  確かにミケのいう通りかもしれない。でもくり返すけどキングは強すぎるんだよ。トランプでいえばジョーカーみたいなもので、ロイヤルメガマスターはそのジョーカーを好きなだけ使えるようなものなんだ。そうなると敵の選定も難しくなる。
  あ、確かにアーストロンやゴドラ星人みたいな奴じゃつりあいがとれにゃいにゃ。
  でしょ? ロイヤルメガマスターを出すにはそれ相応の強豪キャラじゃないと。だから次回予告でザイゴーグが出てたじゃない。
 
  「X」の劇場版に出たヤツだにゃ。
  それ、もはや劇場版クラスじゃないと力不足って事だよね。一回くらいならまだしもそんなの毎回出していたら強い奴のインフレになって観てる方は感覚がマヒしちゃうよ。
  最終回にはどんだけ強い奴が出てくるのかにゃあ……。
  イフとグリーザのベリアル融合獣ぐらいのレベルになってるかもね。
 とにかくロイヤルメガマスター、リク達にとっては頼りになる存在だけどスタッフにとっては諸刃の剣なんじゃないかな。
  


スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンジード
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ウルトラマン ジード ベリアル キング

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラマンジード 第17話

キングの奇跡が素晴らしかった今回。 だけど、次回予告に気持ちが持って行かれてしまい、ごめんなさい。 しかし、ライハが生まれたことにキングが関わっていたとは。 それでか、ライハが強いのは。 ベリアルは意外とパパだった。 あんなにも息子のことを求めていたとは。 家族とか言っちゃってたし。 だけど、自分の息子を体内に入れて融合しようとするなんて。 気持ち悪っ。 その発想がよくわからん。 リ...

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
月別アーカイブ