第1話ではたまたまスマホを使わなかっただけでした…… 「ウルトラマンジード」第2話「怪獣を斬る少女」

 豊橋ミケ(以下猫) 小夜ちゃん、ナイスフライング!
 九条小夜子(以下九) わぁぁぁん!! やめてよぉ~。
  「もしかしたらクライシスインパクトのせいでDVDや液晶の生産が難しくなっているのかもしれない」?
  だからやめてってば! スマホの事はミケが先にいい出したんじゃない!
  エリも前半のキーパーソンンどころか下手したらもう出番にゃいかもにゃ。
  だからやめてってば!!
  今回は前回に続き「ウルトラマンジード」の話だにゃ。

  前回の予告で発火能力がある事をあっさりバラされたエリ。無邪気にその能力を使ったために原一家は避難所から追い出され、祖父の持つ倉庫に身を寄せることになった。
  そこへ変質者に変装したダダが来たにゃ!
  ダダの目的はエリに宿るリトルスターだった。このリトルスター、映像作品を見る限りでは超能力の源みたい。
  宿主がウルトラマンに祈った時だけ分離するって設定はさすがにご都合主義じゃにゃいかにゃ?
  普通に考えればそうだけど、超時空消滅爆弾で崩壊した地球をウルトラマンキングが救ったと考えれば合点がいく。
  にゃるほどにゃー。
  このリトルスター、分離した後はジードのカラータイマーに吸い込まれ、ウルトラマンレオのカプセルを起動させた。
  この調子で残り三つのカプセルもゲットしていくんだにゃ。
  三つ? 
  ソリッドバーニングとアクロスマッシャーに変身するためのカプセルにゃ。
  でもベリアルは「必要なカプセルはあと五つ」って言ってた。ウルトラマンベリアルのカプセルは入ってないからソリッドバーニング、アクロスマッシャーの他にもう一つあるんじゃない?
 ダダだけでなくベリアルもリトルスターを狙っていた。さらにリトルスターの持ち主を探す者がもう一人。
  それがタイトルロールの「怪獣を斬る少女」鳥羽ライハだにゃ。
  OPでは朝倉リクが赤、濱田龍臣が青で表示されていたからウチはてっきり山本千尋が役名で鳥羽ライハって俳優が演じるんだって思っちゃったよ。
  小夜ちゃんだけにゃ。
  そうかなぁ……。
 スカルゴモラを見て「6年前と同じ……」とつぶやくところを見ると誰も知らないはずのクライシスインパクトの事を知っているみたい。
  知っているのはクライシスインパクトだけじゃにゃいにゃ。ペガですら知らにゃかったリトルスターの事やそれを狙って怪獣に変身する人間が現れる事も知ってたにゃ。
  そうそう。ライハは怪獣から人間に戻ったところを斬るつもりでリトルスターの持ち主を探していたんだもんね。
  でもベリアルは人間の姿のままでダダを爆殺してたにゃ。
  仮に人間に戻った直後に挑んだとしても果たしてライハに勝てたかどうか……。
 怪獣に変身しなくても強大な超能力を持っているとは知らないのか、知ったうえで挑もうとしているのか、第2話を観る限りではどっちなのかわからない。
  ジード同様ベリアルも変身したらインターバルが必要にゃのかも。
  その可能性は高いね。そうでなければ怪獣から人間に戻ったところを襲おうとは思わないもん。でも第1話ではスカルゴモラに3分以上変身していた。ジードと同じ法則が適用されるとは限らない。
 ベリアルは人気SF作家伏井出ケイとして人間社会に溶けこんでいる。SF作家なのは「ウルトラQ」の万城目淳へのオマージュだろうね。
  何も知らないリクがのん気にサインを頼むシーンはお約束だにゃ。
  いやぁ、伏井出ケイの正体を知らなかったからといってリクを責められないよ。あの時点でライハからどこまで聞いていたのかわからないけど、怪獣に変身できる人間とああも早く出会うとは思わないんじゃないかな? それにライハも伏井出ケイがベリアルだとは知らないはず。
  知っていたら直接伏井出ケイの元に行ってるはずだもんにゃ。
  スマホの映像に映ったエリの祖父の作業服のマークから倉庫を探し当てるくらいの情報収集力があるんだから彼の居場所を突き止めるのは簡単だよね。
 レムがネットを通じて調べた情報から人々が自分を恐れていると知ったリク。
  第1話でも眼の形からこれがクライシスインパクトの原因だ! みたいにゃ番組で映ったベリアルの写真を連想されていたにゃ。
  早くもベリアルの息子である事がリクの身に重くのしかかるっていいたいところだけど、ベリアルが何者で何をしたかなんて「ジード」の世界の人間は誰も知らないはず。仮にリクがベリアルの息子じゃなくても恐れられたと思う。
  何せスカルゴモラを粉々にしちゃうんだもんにゃあ。
  防衛チームから攻撃された「ネクサス」よりはマシだとはいえ命をかけて怪獣を倒した結果がこれじゃフュージョンライズはしないと言い出すのも無理はない。でもスカルゴモラから逃げ惑う人々を前に翻意して戦う。
 押される一方だったけどあえて相手の眼前に倒れ、斜め上へと放ったレッキングバーストでスカルゴモラを粉砕した。
 この殺陣は斬新でよかったね! さすがアクションの坂本監督。
  この後回収したウルトラカプセルを手にしてベリアルは「オーバーヒートか……」って言ってたにゃ。
  第1話で一度変身を解いたのはカプセルを冷却するためだった。リクのウルトラカプセルにそのような描写は無い。3分以上使える代わりに熱を出してしまうのか、ウルトラカプセルの耐久性が高いのか、第2話までの描写を見る限りそれはわからない。
 いずれにせよこれでスカルゴモラは当分使えないみたい。
  そうしにゃいと何で次もスカルゴモラを使わにゃいんだ? って思われちゃうもんにゃ。
  ウチとしては一度敗れたスカルゴモラを何故続けて使ったのか? と訊きたい。よほど自信があったのか、他にカプセルがなかったのか。
  レッキングバースト以外は大して効いてにゃいみたいだったから前者じゃないかにゃ。
  いやいや、レッキングバーストを出されたら一発で逆転負けなんだからそれはないんじゃない?
 リクの正体を知ったライハ。しかし、彼の戦いを見て自分が探し求める敵とは違うと思い、彼の秘密を守ると言う。
  冒頭、聞き込み相手の態度から異能者がどんな目で見られるかは充分知ってるもんにゃ。
  あれは久しぶりに人間の暗部をウルトラシリーズで見られたね。いい場面っていうのはなんだけど、負の側面にもきちんと向き合うってのはいいと思う。
 リクはライハに情報交換をもちかける。
  エリの祖父の倉庫の場所がわからにゃかったレムだけじゃ不安だったんだにゃ。
  あれはレムに頼りすぎだよ。あの状況で答えられたら全知全能だって。
 でも結果的とはいえライハと組んだのは正しかった。レムはリトルスターに関する情報についてはプロテクトがかけられていたからね。プロテクトを解いたとしても核心となる部分は削除されているかもしれないし、ニセ情報が入っていてもおかしくない。
  ベリアルにゃらやりかねにゃいにゃ。
  ベリアルの情報をレムから得るのはやめた方がいいと思う。その方面はライハやこれから合流するゼロに期待するしかないね。
  ニセ情報といえばゼロの事をとんでもにゃい悪党だとか吹き込んでいるかもにゃ。
  それを真に受けたジードがゼロと激突! あるかも。
 これを機にライハも秘密基地に住むようになり、リクは秘密基地を星雲荘と命名する。
  イカロス星人やナックル星人、バルキー星人までやって来そうだにゃ。
  で、皆でラグビーを始めると。
 星雲荘ってTV画面に映ってるあそこだけかと思ってたからシャワー室まであるなんて意外。
  でも、ドアの類が無いように見えるんだけど……。
  他の部屋にはエレベーター経由で行くんじゃない?
  じゃあエレベーターが外に出張してる間は閉じ込められちゃうにゃ。
  あ、そうか。ウチらが見落としただけでちゃんとドアがあるって思った方が普通だね。
  それにしてもレムだけじゃなくライハもいるにゃんてリクは情報面で恵まれてるにゃ。
  ギンガにはタロウやUPGが、XにはXioが、オーブにはSSPやビートル隊がいた。情報集めには苦労しないねえ。
  「仮面ライダーW」の左翔太朗が見たらにゃんて言うか……。
  彼にも地球の本棚とアクセスできるフィリップや風都イレギュラーズがいるから……。


スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ウルトラマン ジード ベリアル スカルゴモラ 怪獣

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ