ベリアルの遺産がどう活かされるか楽しみ 「ウルトラマンジード」第1話「秘密基地にようこそ」

 九条小夜子(以下九) 先週始まったウルトラシリーズの新作「ウルトラマンジード」。今度のウルトラマンジードは悪のウルトラマンであるベリアルの息子!
 豊橋ミケ(以下猫)  それ、にもいったにゃ。
  わかってるけどやっぱここから始めるのがいいんじゃないかって思ってさ。
 話は変わるけど先々週に放送された直前スペシャル、
  ベリアルの息子ってとこから話を始めるんじゃにゃかったの?
  初めて観る人への配慮って事はわかるんだけど、前半は「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」を観た後だと正直くどいって感じたな~。後半でジードの紹介ってのもわかるんだけど、こっちも見せすぎでは? って感じがして。
  確かにジードがダークロプスを倒しちゃうとこまでやってたもんにゃあ。
  あれは本放送で知りたかったねえ。
  特番の話はここまでにして本編の話に移るにゃ。


  アバンタイトルで世界観の基礎とウルトラカプセルの由来を説明。
  銀河帝国とかダークネスファイブはどうにゃっちゃったのかにゃ?
  銀河帝国はゼロ達がつぶしたから問題ないでしょ。でもダークネスファイブの方は主のベリアルと一緒に「大怪獣ラッシュ」の世界に行っちゃった。
  その後うやむやににゃっちゃったよにゃあ……。
  「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」でもその辺はやってないよね……。「ウルトラマン列伝」とはパラレルと解釈するしかないんじゃないかな。
  それじゃダークネスファイブはにゃかった事に?
  そうなるんじゃないかなあ。そもそも「ウルトラギャラクシー 大怪獣バトルNEO」ではメフィラス星人はエンペラ星人派でレイブラッド星人とは対立していたのに「ウルトラマン列伝」ではレイブラッド星人派といえるベリアルの部下になってるくらいで、円谷プロ自体がよくいえば柔軟、悪くいえばこだわってない扱いをしてるんだからウチらとしては世界が違えばもう別物と考えた方がいいんじゃないかなあ。「ウルトラファイトジード」とかがあればそれに出てくるかもしれないけど。
 ウルトラ戦士との戦いでベリアルは超時空消滅爆弾を使って宇宙ごと滅ぼしてしまったかのように見えたけど……。
  6年前に起きたといわれるクライシスインパクトと関係がありそうだにゃ?
  超時空消滅爆弾、中盤か終盤の鍵になるか?
 鍵といえば爆発する地球をただ見守るしかないウルトラ戦士達の中にタロウがいなかったのは何故?
  地上での対ベリアル戦の時はいたよにゃあ。
  でも伏線なら注意して見ないとわからないような描写じゃなくもっとはっきりとタロウの不在を描くはず。
  合成し忘れたかにゃ?
  まさか……。
 OPはレギュラーの見せ方といい最後に影絵をバックにタイトルが入るとこといい前作「ウルトラマンオーブ」を踏襲しているけど、さらに影絵の背景が「ウルトラセブン」OPを踏まえたものになっている。
  波の動きはずっと穏やかだけどにゃ。
  「ウルチラマンオーブ」から受け継いだのはOPや変身スタイルだけじゃない。防衛チームの不在もそうだし、スカルゴモラを操っていた伏井出ケイは「オーブ」のジャグラスジャグラーを踏襲したものだろうね。
  いわれてみれば愛崎モアは「オーブ」の松戸シンの女版かもにゃあ。
  主人公のリクはシャッター通りが目立つ地方都市にある星雲荘に下宿している。
 そこの一階にある銀河マーケットの店長の姪のエリが立ち寄る。何故か彼女が手にしたアイスだけが溶けていた。
  そのすぐ後にペガッサ星人ペガが出てくるから彼のしわざかと思っちゃったにゃ。
  アイスが溶けていた謎は事もあろうに次回予告で明かされちゃった。
  伏線には違いにゃいけど回収が早すぎるにゃ~。
  「直前スペシャル」といい今回といいネタバレ多すぎwww。
 スカルゴモラは彼女を狙っていた。エリは前半のキーパーソンか?
 この時はまだ知らないけどリクはベリアルの息子だけあって変身前から人間離れした能力を発揮していた。
  無頓着すぎるにゃ。あれじゃ周囲から白眼視されやしにゃいか心配だにゃ。
  下手に隠そうとしないで堂々としていれば周りはそういうもんだって思っちゃうのかもね。
 そのリクだけど彼はヒーローオタクなのかな? リクとペガが見ていたビデオに出てくるドンシャインの敵は「ベリアル銀河帝国」の敵の一人ダークゴーネの改造。
  ひょっとして濱田龍臣つにゃがり?
  その時のTVはブラウン菅でソフトはDVDではなくビデオだった。
  スマホを使っている人が出てこにゃかったにゃ。
  確かに。スマホでスカルゴモラを撮影している人がいてもおかしくないのにね。最初観た時は駄菓子屋の事もあって昭和っぽい雰囲気作りかと思ったけど、もしかしたらクライシスインパクトのせいでDVDや液晶の生産が難しくなっているのかもしれない。
 リクとペガがビデオを観ている最中に突如スカルゴモラが出現。
  前兆が全く無いけど設定を考えればその方が自然だにゃ。
  出現するシーンが無いのは「シン・ゴジラ」を意識したのかな? ウルトラシリーズでは珍しい描写だと思う。
  スカルゴモラ、離れた地点からの描写が多かったにゃ。
  災害報道を意識した演出だね。ウチは凄くいいと思う。
 怪獣災害で下宿先の星雲荘を失い、行く当ての無いリクはかつて自分が捨てられていた天文台に行く。そこで球体ユートムに導かれ、ベリアルが残した秘密基地のオーナーになり、ジードライザーを託される。
 ユートムはリクの血液を採取した他、二度目のスカルゴモラの出現を中継するなどいろいろ便利なアイテム。ネーミングは「セブン」の地底ロボットが元。
  「セブン」のユートムが守っていた都市もリクの秘密基地も地下にあるもんにゃ。
  科特隊みたいな防衛チームが存在するなら問題にはならないけど、そういった組織が無い場合、どうやって現場の情報を得ているかって意外とスルーされがちなんだよね。
  「ジード」はちゃんとフォローしてくれたにゃ。
  スーパー戦隊では「特命戦隊ゴーバスターズ」が現場の情報をどうやって仲間に送るかをフォローしてたね。
  確かボール型のカメラを現場に設置していたんだよにゃ。
  そうそう。カメラの名前、忘れちゃったけどね。
  そこは本筋じゃにゃいから。
  エリや店長を守るため、リクはレムの言葉を信じて星山市に向かう。この際、秘密基地のエレベーターを使うんだけど、これがどこでも行けるという優れもの。
  怪獣がどこに現れてもノープロブレムだにゃ。
  かつては防衛チームが変身前のウルトラマンの足代わりになっていたんだけど、その代わりになっている。
 ウルトラマンジードに変身したリク。その描写の中に一瞬だけだけどジードとは異なるウルトラマンの姿がインサートされる。実はこれ、悪に堕ちる前のウルトラマンベリアル。

 悪の道に堕ちる前のウルトラマンベリアル

  「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」に出てたけどロクに映ってにゃかったにゃ。
  プラズマスパークを独占しようとして追放された後にレイブラッド星人と融合して今のベリアルになった。だからあの姿がベリアル本来の姿といえるし、その遺伝情報がリクに受け継がれていたとしても不思議はない。
 中盤のパワーアップではベリアルから受け継いだ悪の面を克服した結果として、悪堕ちする前の姿をベースにしたデザインになるかもしれないね。
  でにゃければ出す意味にゃいんじゃにゃいの?
  ジードに変身したリクは「X」の初変身の時と同様戸惑うんだけど、建物や道路を柔らかいと感じるのは斬新。
  それだけリクの身体が強化されたって事にゃんだけど、本人はそう思ってにゃい。
  3分の制限時間は珍しくはないけど、一度変身すると約20時間のインターバルが必要っていうのは珍しい。
  何度でも変身できるにゃら制限時間にゃんて無いようにゃもんにゃ。
  逆にいえば変身した後に怪獣が出たら手も足も出ない。だからどのタイミングで変身すべきかが肝心になる。これ、ドラマを盛り上げるいいギミックなんじゃないかな?
 「ジード」ではジャンプで一気に距離をつめるアクションが目立った。
  軽快にゃウルトラマンだにゃ。
  リクの若さを表しているのかもね。
 久しぶりにセットにプールを組んでいるのもよかった。公園の池ってことで深さはないけどね。
  「オーブ」や「X」でも水棲の怪獣が出てきたけど戦ったのは陸上だからにゃあ。
  海のシーンがあっても合成だったりするからね。円谷プロに体力が戻って昔みたいなセットが組めるようになってきたのかも。
  これからが楽しみなウルトラマンだにゃ。


  アークベリアル出るかなあ?
  敵のボスがベリアルにゃんだからその強化態のアークベリアルも出るんじゃにゃいの? バンダイにとってはソフビを再販できるいい機会ににゃるし。
  だからこそどこで出すかが問題だよ。中盤の最終形態やラストの怪獣が使いまわしになるとは考えにくい。バンダイだって新怪獣を要求するはず。かといってミケがいったようにベリアルの強化態なんだから適当なエピソードに出すわけにはいかない。
  じゃあアークベリアルの出番は無し?
  それが無難な気がするんだよなあ。でもウチとしては出て欲しいなぁ……。
  それも含めて先が楽しみだにゃ。


スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ウルトラマン ベリアル ジード ゴモラ

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ