ネトウヨにつける薬 第18次笑いの内閣「ツレがウヨになりまして」 #ツレウヨ

 九条小夜子(以下九) ミケ、「非実在少女のるてちゃん」ってお芝居覚えてる?
 豊橋ミケ(以下猫) 忘れるわけにゃいにゃ。表現規制をテーマに規制推進派の非常識な言動をギャグにした風刺劇だにゃ。
  そう。あのお芝居じゃ「ジャニーズは児童ポルノ」とか目薬さしてうそ泣きなど細かいネタで笑いをとってたね。
 その「のるてちゃん」を作った劇団笑いの内閣のお芝居「ツレがウヨになりまして」の再演を観てきました。
  劇場は12年の「のるてちゃん」再演と同じこまばアゴラ劇場だにゃ。
  「のるてちゃん」の時は東京都の青少年健全育成条例改悪のまっただ中でウチらもそれなりに勉強していた。でも今回は違う。さすがにネトウヨ在特会の存在は知っているけど、あの時ほど詳しいわけじゃない。
  「のるてちゃん」を観ているからこそ細かいネタがわからにゃいんじゃにゃいかって不安だったにゃ。
  でも観に行ってみたら杞憂だったよ。ウチら程度の乏しい知識でも充分楽しめるよ。風刺一本槍にせず、ラブコメを芯にしていたからだろうね。
 ヒロイン日向あおいの恋人の富山蒼甫は就職難のこの時代にありつけた仕事も1年もたなかったダメ人間。そんな彼が中学時代の先輩内藤洋吉に感化されてネトウヨになっちゃった。
 その二人が抗議に行くのが高間響上皇演じる台場八郎が店長を勤めるフジマーケット。
 フルーツの売り口上のグヮバグヮバマンゴーが耳について離れないし、ラストのやんごとなきお方のモノマネは見ものだよ。
  話を戻すにゃ。エプロンについてるマークは某TV局にそっくりだにゃ。
   対応にうんざりした店長が呼んだ杉並署の日向斉彬係長は何とあおいの父親。
 演じるのは伊藤純也。失礼だけど若すぎて大学生の親に見えない。親代わりになって育ててきた兄って設定にした方が違和感ないんじゃないかな。
 あおいの父は仕事もしないでいいがかりに等しい抗議に入れ込んでいる富山との交際に大反対。そこであおいは富山に抗議行動をやめるように頼む。その場はわかったという富山だけど見つからなければ大丈夫といっこうにやめようとしない。そればかりか父の部下の金村聖斗といるところを邪推し、別れてしまう。
 この金村というキャラ、「のるてちゃん」にも出ていた由良真介という役者が演じているんだけど、内藤や富山と対になる存在なのよ。
 どういう事かというと、実は彼はネトウヨにとって不倶戴天の敵である在日朝鮮人。でも彼は生まれ育った日本を愛するが故に帰化し、警察官になって愛する日本の治安を守るために頑張っている。
 一方の富山たるや仕事を辞めた後はあおいの稼ぎに頼っているヒモ。何かといえば日本を愛していると言うけど、やってる事といえば理不尽な抗議に韓国や在日を口汚く罵るだけ。
  劇中でもいってるけど迷惑だにゃ。
  金村と富山、愛情表現としてどちらが優れているかはウチがいうまでもないよね。
 愛国心を否定するのではなく、その表し方にダメ出しをした「ツレウヨ」。ウチには目からウロコだった。
恥ずかしながらウチ、在特会ネトウヨ、映画「靖国」や和歌山県太地町のイルカ漁をテーマにした映画「ザ・コーブ」に抗議した連中を見て、愛国心を叫ぶ連中にはロクなのがいないって思ってたんだよね。国を愛する気持ちを否定する気はないんだけど、愛国心って単語そのものをネガティブにとらえていた。でも「ツレウヨ」を観た後では前よりも抵抗なく愛国心って単語をいえそうな気がするよ。
 笑いの内閣さん、有難う。
 内藤は彼女ができたことでネトウヨをやめちゃった。
  フジテレビのデモかよ!
  八方塞がりになった富山は三島由紀夫の真似をしようとフジマーケット屋上に立て籠る。
 この辺りで、日本は偉い! だから日本人である私も偉い! と日本と自分を重ね合わせて自己保全を図ろうというネトウヨの心理にまで踏み込んでいるのは凄い。
  ちょっと考えれば国と人は別物だってわかるにゃ。
  どんなに偉大な国にもゲス野郎はいるし、どんなにひどい国にだって尊敬できる人はいるもんね。
 それとサヨクの大学教授をイヤミな人物に描いている辺り、バランス感覚のよさを感じる。
 右と左を入れ換え、時代設定を60年代にしたら「ツレウヨ」の構成ってそのまま使えるよね。
 政治とか思想に限った話じゃない。よく○○は××だから△△の方がいいって好きな作品を持ち上げるために他の作品を下げるのをよく見るし、ウチもやっちゃうんだけど、それって「ツレウヨ」が指摘していたのと同じ構図だよね。
  ウヨだけに当てはまる話じゃにゃいんだにゃあ。
  むしろ普遍的なものなんじゃないかな。

 ちなみにアフタートークで聞いた話じゃ取材したネトウヨの実態をそのまま描いたら笑うに笑えないのでマイルドにしたとか。
  在特会のネット映像とかひどいもんにゃ。
  「ツレウヨ」で描かれたネトウヨ像は初演の時に高間響が抱いたイメージに拠る所が多くて、現在は普通の人、ちゃんと仕事を持っている人が仕事の合間にヘイトスピーチなんかをやってるケースが増えているんだって。
 「ツレウヨ」同様身近な人がネット等で感化されてネトウヨになっちゃう例も増えていて、そういう人達には楽しめないかもしれないね。
 こうした問題点はあるけれど、完成度でいえば「のるてちゃん」よりも上だとウチは思いってる。
 東京では22日までで、トータル5回しか上演されない。
  もったいにゃいにゃ。
  同感。もっとやってほしかったな。
 ただ、京都や北海道でも上演するから、その時、お近くにお住まいの方は是非観に行って下さい。
  損はしにゃいにゃ。
  ウチらが観た19日はプレヴュー公演ってことで2000円だったんだよね。下手な3D映画よりよっぽど面白かったからこれは安い。
 ちなみに21日からは当日3500円。これでも演劇じゃ安い方だよ。
  眼鏡がにゃくても3Dだしにゃ。
  飛び出してはこないけどね。

「在日特権」の虚構 : ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ「在日特権」の虚構 : ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ
(2013/11/21)
野間 易通

商品詳細を見る




まぜまぜモンスター
笑いの内閣とネトウヨから生まれたモンスター
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム
スポンサーサイト

テーマ : 舞台・ミュージカル
ジャンル : アイドル・芸能

tag : ネトウヨ 笑いの内閣 愛国心 ツレウヨ 在特会 グヮバ

コメントの投稿

非公開コメント

笑の内閣高間です

 ご無沙汰してます。笑の内閣の高間です


  さて、笑の内閣では、明日から12月4〜7日には、「福島に修学旅行に行くか話し合う職員会議コメディ」である「超天晴!福島旅行」という作品を、またこまばアゴラ劇場で上演します。 京都公演では600名近く来ていただいて、好評を得ております。 感想まとめ http://togetter.com/li/733836 

原発の是非ではなく、「福島に観光に行く事の是非」を問う作品です。実際に、参加者全員で富岡町の居住制限区域まで旅行して作った作品です。ぜひ多くの方にみていただければと思っております。こちらにメールに返信頂けましたらお席ご用意させていただきますので、よければぜひお越し下さい。

 

 「超天晴!福島旅行」

 東京公演

 会場 こまばアゴラ劇場

日時 12月4日(木) 19時30分
 12月5日(金) 19時30分
 12月6日(土) 13時 18時30分
12月7日(日) 11時 16時30分

 料金 前売り 2500円 当日 3000円



 問い合わせ 09020750759
 waraino_naikaku_u@yahoo.co.jp
  http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=57381
最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ