ゆくゴーカイジャー、来るゴーバスターズ

 九条小夜子(以下九) スーパー戦隊第36作「特命戦隊ゴーバスターズ」、ついに始まったね!
 豊橋ミケ(以下猫) 小夜ちゃん、ちょうど今、その「ゴーバスターズ」の第5話が始まったにゃ……。
  ……そっ、その前に35周年記念作、「海賊戦隊ゴーカイジャー」の話をしておこうね。
  無視すんにゃ。

 
 同じコンセプトでも「ディケイド」とはかなり違ってたにゃあ。
  そうだね。「ゴーカイジャー」は全ての戦隊とリンクしていたし、ディケイドの変身が能力の一つに過ぎなかったのに対し、ゴーカイジャーは物語を構成する重要なアイテムだった。そのいい例が宇宙最大のお宝。
  てっきり途方もにゃいエネルギーみたいにゃものだったと思って観てたら“まどか”だったにゃ。
  あー……ネタバレになっちゃうけど、宇宙最大のお宝って宇宙を思う通りの姿に作り替える事ができるのよ。マーベラスを除くゴーカイジャ-達はザンギャックのいなかった世界を思い浮かべるんだけど、宇宙最大のお宝を使っちゃうと歴代スーパー戦隊もいなかった事になっちゃうんだよね。
  歴代スーパー戦隊は存在するけど、ザンギャックは存在しにゃい世界にすればよかったのににゃ。
  理屈はそうだけど……。もしかしたら「ディケイド」みたいに原典とは異なるスーパー戦隊になってたかも。
  それはそれで観たかったかもにゃ。
  過去作品のヒーローを出すという方法論は同じだけど、料理の仕方は「ゴーカイジャー」の方がうまかった。変身前対変身後の対決なんてシリーズ初の試みもやってたし。
  「ゴーカイジャー」の場合、ニセ者じゃにゃいもんにゃ。これはライダーでもやってにゃいんじゃない?
  いや、「555」でラッキークローバーにベルトを奪われた事があって、その時、ラッキークローバーが変身したファイズとカイザが巧達を襲った事があった。ただその時は力の差が大きすぎて反撃らしい事もできなかったんだけど。
  “中身”が無いとはいえ変身前の連中に負けちゃうゴーカイジャーって……。


  話を戻そうね。
  毎年VSシリーズをやってるからノウハウがあったんだろうにゃ。
  もちろんそれはあるでしょうね。あるけど、ウチはそれだけじゃないと思う。やはり「ディケイド」の存在は大きかったはず。他山の石という事で「ディケイド」から学んだ事は大きかったと思うよ。
  第50話でダイランドーを倒さにゃかったのは意外だったにゃ。
  うん。ウチもまさか最終回に持ちこすとは思わなかった。だから最終回は不安があったんだよね。
  ダイランドー戦にかける時間は無いだろうから、最終回が始まったらすぐに倒されるだろうと思ったら意外としぶとい。
  二手に分かれて、マーベラスと凱は艦隊を、残りの四人でダイランドーを倒すという流れは上手いし、新鮮だった。さすがに巨大戦はできなかったけど。
  マーベラスと凱は旗艦ギガントホースのブリッジに乗り込む。凱がアクドス・ギルを引き付けてる間にマーベラスが船の火器管制を乗っ取って艦隊を全滅させたのは上手いと思うけどザンギャック艦隊の装甲ってそんにゃに薄いの? とも……。
  そこはギガントホースの火力がそれだけ強いんだって事にしようよ。ゴーカイオーで一気に全滅じゃ強引すぎてがっかりしてたろうし。
  でも戦隊じゃありえたにゃ。
  だからこそやらなかったのは偉い。
 操縦系統を破壊されてギガントホースは墜落。
  もちろんここで旗艦もろとも滅ぶようじゃ戦隊シリーズのラスボスは務まらにゃい。
  ウチはここで巨大化すると思ってたんだよね。
  でも巨大化させるシステムはギガントホースに積んであるんだから、そのギガントホースが沈んだら巨大化にゃんかできにゃいにゃ。
  そう。ミケのいう通りなんだけど、ウチは最終回も巨大化戦で締めくくると思い込んでたんだよね。だから等身大のまま決着をつけたのは本当に意外だった。
  でもその分特撮マニア昇天ものの歴代戦隊総動員をやってのけたにゃ。
  ただ順番にやるんじゃなくて、忍者や新体操のリボンなど関連付けてグループ化してる辺りがにくい。
  おかげでシリーズ史上最も打たれ強い敵はアクドス・ギル陛下に決まりにゃ。
  必殺技を二回、それも二度目はゼロ距離で食らわせてようやく倒せたんだから間違いないね。あと大技を連発させてもくどくならず、見てる方を麻痺させないのも凄い。
  実写版「ヤマト」にゃんかは何かあるとすぐ波動砲を使っちゃうもんだから盛り上がりに欠けたもんにゃあ。
  大技は連発しない方がいいんだよね、普通は。その真逆をやって成功させた「ゴーカイジャー」はやっぱり凄い。35周年記念に相応しい傑作だったよ。
  でも最後の子供達には白けたにゃ。
  何でお前ら知ってるんだよって。でもそれをいっちゃうと凱の存在も……。


 不満といえばアカレッドとナヴィ。
 35年に一回のお祭り作品なんだから細かいところは気にしちゃいけないって頭ではわかってるんだけど、ここまで謎だらけというのは……。
  
「スーパー戦隊の赤き戦士達の平和への願いから誕生」した人だからにゃあ。いや、そもそもそういうのって人じゃにゃいんじゃ……。
  そんな人(?)なのにレジェンド大戦には参加してないんだよね……。結果的にはそれでよかったんだけど……。
  大いにゃる力がレンジャーキーににゃって宇宙に散らばる事を予測していたとか……。
  そう考えるしかないのかな。レンジャーキーはともかくゴーカイジャーの装備やゴーカイオーは彼が作ったと考えるのが妥当だよね。
  でもさ、アカレッドが作ったのにゃら自分のスーツを参考にしたはずにゃ。だったらゴーカイジャーのスーツにも口があるはずにゃ。
  なるほど。でもマスクマンはプロトタイプにあった口がなくなっていたし、口の有無で誰が作ったかはわからないんじゃない? そもそもアカレッドのあれはスーツなの?
  う~ん、戦闘してにゃい時もあの格好だったもんにゃあ……。
  製作資金は……。
  海賊らしく略奪したんだろうにゃあ。
  平和への願いから生まれた人じゃなかったの……?
  まあ、ザンギャックだけを狙っていた海賊だったかもしれにゃいんだし。
  ナヴィも謎よね。宇宙最大のお宝ってだいぶ昔からその存在を噂されていたみたいだけど、その発動にはナヴィとレンジャ-キーが必要なんだよね。でも後者ってレジェンド大戦が起こらなかったら存在しなかったんだよね。
  そうにゃるにゃー。
  ナヴィの製作意図を考えると、後から扉になったり、レンジャーキーのありかをナビゲートする機能を組み込んだっていうのは変よね。
  確かにそれがにゃかったらただのうるさいだけのロボットだもんにゃあ。
  赤き海賊団の活動期間も不思議だよね。
  レジェンド大戦後から活動を始めたとするともの凄く短いにゃ。
  大戦前から活動していたと考えないと変だよね? そうなるとレジェンド大戦前は何をしていたんだろう?
  小夜ちゃんはどうしてもアカレッドに略奪行為をさせたいみたいだにゃ。
  いや、そんな事は……。
 マーベラスの回想にナヴィも出てくるよね。ナヴィの機能を考えるとレジェンド大戦後に作ったと考えるべき。となるとせいぜい数か月ぐらいしか活動してなかったんじゃない?
  不自然だにゃ。やっぱり後から組み込んだと考えにゃいとおかしいにゃ。
 そうだ! 宇宙最大のお宝はスーパー戦隊の大いにゃる力とは無関係に昔からあったんだけど、誰かが一度使っちゃったんだにゃ!
  その結果、「ゴーカイジャー」に出てきたような形になったっていうの? じゃ、誰が使ったのよ?
  それは……! 本当はレジェンド大戦でスーパー戦隊は負けてたんだにゃ!
  え?
  宇宙最大のお宝を使って歴史を書き換えたのにゃ!
  だから誰がだよ!?
  先代のゴーカイジャーだにゃ。
  はぁっ?
  マーベラス達のゴーカイジャーの前に別のゴーカイジャーがいたんだにゃ。最初のレジェンド大戦で勝ち目がにゃいとわかった時、先代ゴーカイジャーは宇宙最大のお宝を使ってザンギャックを追い払ったんだにゃ。でも、その代償として彼らは消えてしまったんだにゃ。
 マーベラス達のゴーカイジャーの装備は、残されたものをアカレッドがレンジャーキーを使えるように改造したか、モデルにして作ったんだにゃ。そう考えればアカレッドとデザインコンセプトが一致しにゃい理由もわかるにゃ。
  その時点でザンギャックを倒しとけばいいじゃない!
  そ、それだと代償が大きすぎるんだにゃ。例えば地球が滅びちゃうとか……。それじゃ元も子もにゃいから最小限の代償ですませる代わりにザンギャックの壊滅は諦めたんだにゃ。
  最小限って歴代スーパー戦隊は力を失ってるんだけど……。
  だから、アカレッドは宇宙海賊の汚名を背負ってまでレンジャーキーを集めてたんだにゃ。
 どうにゃ? これにゃら矛盾を説明できるにゃ!
  う、うう……、そうだ! じゃあ何でアカレッドは先代ゴーカイジャーを覚えてるのよ?
  アカレッドを生んだ「スーパー戦隊の赤き戦士達」の中に先代ゴーカイレッドもいたんだにゃ。だからアカレッドだけは覚えてるんだにゃ。
  アカレッドの初登場は……ああ、そうか、先代ゴーカイジャーが「ボウケンジャー」より前でもおかしくはないか……。
  ほれほれ、論破してみるにゃ。
  うう……悔しい……。
  でも感じちゃう小夜ちゃんにゃのだ。
  感じてねーよっ!!


 さ、さて、「ゴーカイジャー」の後を継いで新しく始まった「特命戦隊ゴーバスターズ」だけど……。
  もう4話もやってるにゃ。
  うう……いろいろあったのよぉ~。
  その手の泣き言は聞き飽きたにゃ。
  ゴーバスターズってゲキレンジャーやハリケンジャーと同じ3人なのよね。
  いずれ追加戦士が出てくるだろうから3人とは限らにゃいにゃ。
  確かに最終的にはハリケンジャーは6人、ゲキレンジャーは5人だったけど、スタート時点では3人だった。
 ミケ、実はこの三つの戦隊には二つの共通点があるんだけど、わかる?
  えーと、スーツのモチーフが動物だにゃ。
  はい、あともう一つは?
  う~ん……わかんにゃいにゃ。
  ふっふっふっ。作品だけを見てたらわからないのも無理はないかな。
  どうせ大した事じゃにゃいんだからもったいぶらにゃいで早く教えるにゃ!
  うう……。実はね、どれも○○周年記念作の後なのよ。
  え!? 「ハリケンジャー」の前は25周年記念作の「ガオレンジャー」、「ゲキレンジャー」の前は30周年記念作品の「ボウケンジャ-」。確かにどれも記念作の後だにゃ。これって……。
  あくまでウチの憶測だけど、記念作品に予算をかけすぎたんで、すぐ後の作品の人数を削って帳尻を合わせているんじゃないかな。
  根拠もにゃいのにそんにゃ事いっちゃ駄目にゃ。
 それに確か「ゴーバスターズ」って敵は等身大の怪人と巨大ロボが別々にゃ。予算が厳しいにゃらこんにゃ事はできにゃいにゃ。
  よく見てよ。巨大ロボの方は3タイプの着ぐるみにその回の怪人と同じモチーフのパーツを被せてるでしょ。毎回二体の着ぐるみを作ってるわけじゃない。
 ついでにいうと、等身大の怪人が巨大化せず、別のロボットで巨大戦を行うってパターンは「ゴーバスターズ」が初じゃない。「バトルフィーバーJ」、「ゴーグルV」、「バイオマン」、「デカレンジャー」もそうだった。
  あ、結構あるんだにゃ。
  「バトルフィーバーJ」、初期を除く「ゴーグルV」は等身大の怪人の着ぐるみを流用したもの。
  「ゴーグルV」の初期って?
  実は「ゴーグルV」の初期は等身大の怪人が倒された後、全く別のロボットが出てきたのよ。といっても毎回2体の着ぐるみを作っていたわけじゃない。ロボットは二人の博士が作っていて、互いに戦わせて買った方がゴーグルVと戦ったの。
  え、じゃ1回で3体の着ぐるみを作ってたんじゃにゃい!?
  初登場時ではそうなるけど毎回じゃないんだよね。第3話でゴーグルVと戦ったゴリラコングは前回のヒカリコングと戦って敗れたロボを改良したって設定なのよ。
  それでも1回あたり2体の着ぐるみを新調しているわけだにゃ。
  いや、だから最初の数話だけなの。かなり早い時点で怪人の着ぐるみを流用するようになるのよ。やっぱり1話で2体の着ぐるみを作るのはきつかったみたい。
  ライダーみたいに2話完結にすればいいのに。
  戦隊の場合、ライダー以上に約束事が多いからね。巨大戦は2話に一回じゃスポンサーが納得しないんじゃない?
 で、約束事といえば「ゴーバスターズ」はそれをやめているのが魅力。
  等身大の怪人を倒してから巨大化戦という流れじゃにゃいんだよにゃ。
  そうそう。等身大の怪人と巨大ロボが同時に出現というケースが何度もあって、そういう時は二手に分かれて戦う。もちろん過去の戦隊にもそういうシチュエーションはあったけど、それはレアケース。たまには変わった事をしてみようかなって感じだったけど、「ゴーバスターズ」はその変わった事がメイン。
  三人揃って怪人を倒したのはまだ1回だけだもんにゃ。
  他にもパターン化された必殺技がなかったり、OPで戦隊名を叫ばない、名乗りをあげないなど今までお約束でやっていた事をやめている。
  お約束をやめた結果描写がリアル風ににゃったのか、その逆かはわからにゃいけど、従来の戦隊ではスルーされていた部分を描いているにゃ。
  そうそう。戦闘に突入した時、球状の物を投げるシーンがあったんだよね。あれ何だろう? って思ったら実はカメラで、指令室に映されている映像はそれが撮ったものだったし、第2話では敵ロボットの残骸を回収していた。
  今回はロボの描写に力を入れてるにゃ。
  そうそう。空母やカーレースみたいに係員が合図してから発進してるし、平時はドックで整備している。
  ロボットアニメみたいだにゃ。
  今はロボアニメ自体が少ないからさ、今の子供達が大きくなった時、「このアニメのメカ描写って『ゴーバスターズ』みたい」って言われちゃうかもね。
  今のところロボットは合体しにゃいでレッドが乗る1体だけにゃんだよにゃ。
  一応ブルーとイエローが乗る巨大メカもあるんだけど、人型ではないし、巨大戦でも援護以上の事はしないんだよね。ただ第4話で強化プランがあるって事を話していたから今後、改造されて合体するかもしれないよ。
  今後っていえば追加戦士はどうにゃるのかにゃあ。
  ゴーバスターズって13年前、ワクチンを植え付けられた故に転送に耐えられる身体になったって設定なんだよね。
  ゴーバスターズの面々の特殊能力もワクチン云々のおかげだにゃ。
  逆をいえば普通の人間は転送に耐えられないし、ヴァグラスと戦う能力もない。しかもワクチンを作った人達はヴァグラスのボスメサイアと一緒に亜空間に転送されちゃったから、新しくワクチンを作ることはできない。
  これじゃ追加戦士を出せにゃいにゃ。
  まだ断言できないとはいえ合体を排した「ゴーバスターズ」だから追加戦士も無しって気がしないでもないけど……。
  マーケティング的にそれはにゃいんじゃにゃい?
  現時点でゴーバスターズ以外に亜空間を自由に行き来できるのは敵のエンターのみ。彼が改心して追加戦士になるとか……。
  それじゃ敵がいにゃくにゃっちゃうにゃ。
  ボスのメサイアが転送された後なら問題ないよ。
 第4話でゴーバスターズ以外にもワクチンを植え付けられた人がいる可能性を示唆しているから、その辺りじゃないかな。
  だとしたら中年ににゃるにゃ。
  いいんじゃない? 「アギト」や「龍騎」にも中年ライダーがいたんだから。
 ライダーといえば「ゴーバスターズ」は平成ライダーシリーズの要素を多く持っている。
  リアル風な描写もそうだし、Aパート、Bパートの分け方もライダーと同じく終盤ににゃったにゃ。
  長く平成ライダーに関わっていた武部直美プロデューサー、柴崎貴行監督がメインで参加しているからじゃないかってウチは思ってる。
  それにしても逆転しちゃったにゃあ。
  そうだね。必殺技の名を叫ぶからってわけじゃないけど、「フォーゼ」ってノリが戦隊的だよね。



スポンサーサイト

テーマ : 特撮・戦隊・ヒーロー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ