救出前には一声かけて 「機動戦士ガンダムAGE」第2話

 九条小夜子(以下九) さて、秋の新アニメの中ではよくも悪くも一番の話題性を誇る「機動戦士ガンダムAGE」第2話ですが……。
 豊橋ミケ(以下猫) もう金曜にゃ。
  ……い、いろいろあってね。
  まあいいにゃ。第2話、第1話よりは面白かったにゃ。
  コロニーデストロイヤーによってノーラはねじれ崩壊の危機を迎える。
  でも当たった所は中心部から遠く離れた側面にゃ。
  そうそう。その気になれば中心部を狙えたのにね。後半でミレースも着弾箇所がおかしいって不審視してたから、何か意図があったみたい。
  ツイッターで中継してたら赤っ恥かいたにゃ。
  コロニーデストロイヤーを操作していたと思われるガフラン、色が他の機体と違って紫色だった。
  赤だと思った? 残念紫でした。
  ……。
 十中八九指揮官機だと思うけど、砲兵的な役割だったら面白いな。
  役職別に色分けされてるわけだにゃ。
  脱出艇では間に合わないって事で、ヘンドリック・ブルーザー司令は全住民をコロニーコアに集め、コアごと脱出するというプランを出す。
  全住民が入れるって事ははじめから不慮の事態に備えて避難所として使えるよう設計されていたんだにゃ。そこまで考えて作ったにゃら自前の推進機関ぐらい持ってそうにゃもんだけど。
  ウチらが今さらそれを言ってもしかたないよ。で、我らが司令は連邦軍の新造戦艦ディーヴァに引っぱらせようって言い出す。
  これにはびっくりしたにゃ。
  うん。目測だけどコロニーコアは長さだけでディーヴァの20倍はある。
  ディーヴァの推進力ってどんだけあるんだにゃ。
  全てチェックしたわけじゃないけど、ネットでその点につっこんでる人って見当たらなかったね。
  ドッズライフルやAGEシステムは叩かれまくってたのににゃあ。
 フリットが声もかけずにガンダムでユリンに近寄ったり、飛んできた看板をビームスプレーガンで撃ったりした事もやたらつっこまれていたにゃあ。
  あのシーン、ウチはてっきりガンダムにはスピーカーがついてないんだって思っちゃったんだよね。それじゃあ警告無しでビームぶっ放しても仕方ないなぁ~って思ってたら「待って、逃げないで」って……。そういうのは最初にやれ!
  そりゃあんなでかいのが来たら逃げるにゃ。
  せめて両手を挙げて危害はくわえないよーってことを示していれば……。
  人間同士にゃらともかくあの大きさじゃ踏みつぶされるかもしれにゃいにゃ。やっぱり怖いにゃ。
  それじゃあ片足を上げて……。
  歩けにゃいにゃ。
  ケンケンで。
  振動がひどいにゃ!
  コロニー崩壊の緊迫感がいまいち伝わってこないのが残念。
  30分番組だからやむをえにゃいって面もあるけど、主要キャラの動きしか追ってにゃいからにゃあ。
  被災者を背景扱いせず、彼らの不安や憤りを描いたり、崩壊するコロニーの描写を入れれば印象も違っていたんだろうけどね。
 話を戻すけど、ユリン、通路の爆発やUEの出現を事前に言い当てるなど宇宙世紀でいえばニュータイプ的な能力の片鱗を見せていたね。
  え? ニュータイプって超能力者とは似て非なるものじゃにゃいの?
  いや、あれは予知じゃないかも。優れた認識力で得た環境情報を基にした推測ってこともある。ほら、1st最終回でアムロもホワイトベースが沈む事を言い当てたじゃない。    
  そういえば知りえにゃいはずのホワイトベースクルーの現状を把握していたにゃあ。あれ、それって優れた認識能力でも無理にゃんじゃ……。
 あ……。
  百歩譲って通路の状態を見て、爆発を予測するのは可能としてもUEの出現は無理にゃ。
  それじゃやっぱり超能力……。
  ニュータイプってやっぱり超能力者にゃんじゃ……。
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムAGE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ