軽率な行動を控え、油断大敵を心がけよう 6月議会へ向けた不気味な動き

 九条小夜子(以下九) 創出版が東京都青少年健全育成条例改正案問題を扱うために作った特設ブログ「青少年条例と児童ポルノ法改定による表現規制を考える」に怖い話が載ってるの。
 豊橋ミケ(以下猫)  「6月議会へ向けた不気味な動き」って記事にゃ。
  児童ポルノ改正案の審議がゴールデンウィーク前後にスタートするんじゃないかって噂があるらしいの。
  今度の改正案では規制推進派の念願である児童ポルノの単純所持が禁止されるんじゃにゃいかっていわれてるにゃ。
  本当だったらまずい事だけど民主党内にも単純所持に賛成している人が増えているらしいの。
  反対の根拠として「日本の性犯罪は減少傾向にある」「性犯罪と性表現に因果関係は認められない」「性表現規制の結果、性犯罪が増加した例がある」って多くの人が指摘してるのににゃあ。読んでにゃいのか?
  ウチが懸念してるのは民主党が規制推進派と取り引きする事。例えば都条例改正案を通す代わりに選挙協力するとかね。党の利益のためなら民主党は反対派の意見を黙殺するかもしれない。
  小夜ちゃん、考えすぎにゃ。
  だといいけど。
 もどかしいのは具体的な動きがわからないって事。
  「というのだ」「ようだ」ばっかりだもんにゃあ。
  誰が転向したのか、誰が揺らいでいるのか、あるいは改正案の中身とかがわかれば対策を考えられるんだけど、現時点で考えられるのは都条例改正案や児童ポルノの単純所持禁止に反対して下さいって訴えるしかない。
  それだって書き方を間違えたら逆効果にゃ。転向してないのに「転向すんな!」って言われたら「信用してないのか……」って思っちゃうにゃ。それに限度を超えたら心証を悪くするにゃ。
  そうなんだよね~。性表現規制反対ってさ、「児童ポルノを擁護するのか!?」っていわれかねないもんね。議員は人気商売。それだけで腰が引けちゃう人もいるんだろうね。
 さらにまずい事に世間一般の人にとっては都条例改正案の話は終息してるのよね。
  継続審議にゃのに一件落着と思って関心をにゃくした人って結構いるもんにゃあ。
  実際トーンダウンしているのは事実だし。ウチらに気の緩みがなかったといえば嘘になる。
  だからってこの話ばっかりしてるわけにもいかにゃいにゃ。
  そりゃそうだ。皆生活の合間にやってるようなもんだもんね。
  あ~あ、気が重いにゃあ。
  地道に性表現規制が無意味だって訴えていくしかないのね……
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 この記事の存在を鞘町さんに伝えたのは私ですが、確かに信憑性については慎重に取り扱う必要があるでしょう。出版関係者からの伝聞情報ということですが、とかく最近の表現規制&ネット規制の問題ではマスメディア報道でも偏向したり誤報だったりということがままありますし、それ以外でも真偽の確認できない伝聞情報が多いですから。
 そういうのに注意を払うことは確かに必要なのですが、そのたびごとに一喜一憂するのは確かに疲れます…確かにあまり気にせずに堅実に活動していくのが一番かもしれませんね。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ