民主党の吉田康一郎さん、有難う 非実在青少年規制反対緊急集会

 九条小夜子(以下九) 今日は最近話題の「東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える」緊急集会に行ってきました!
 豊橋ミケ(以下猫) 長いにゃ!!
  だよね~。でもこれは主催者の責任じゃない。原因である法案の名前が無駄に長いんだもん。しょうがないじゃない。
  もっと短くできにゃかったのかにゃあ。
  実はこのイベントの告知前に既に予定が入れていて、正午に池袋に行ったのよね。それから新宿に行ったから、間に合うかどうか不安だったけど、13時40分には会場に着けた。
  その時点で混んでたにゃあ。
  うん。定員100人って聞いてたから、入れるかどうか不安だったね。でも入れたし座れたよ。
  床ににゃ。

  そういえばと学会の山本弘らしき人がいたね。
  日本トンデモ本対大賞で顔は知ってるつもりだったけど、髪の色が妙に茶色っぽかったようにゃ……。
  茶髪とは違う色合いだったよね。トンデモ本大賞の時はあんな色じゃなかったような気が……。それと椅子に座ってる人の中に植木不等式らしき人がいたような……。
  「ご本人ですか?」って訊かにゃかったかららしいとしかいえにゃいのがもどかしいにゃ。

  発言者の中に永井豪先生がいたね。
  「ハレンチ学園」の事があるからにゃあ。やっぱり他人事じゃにゃいんだにゃ。
  でも意外だったね。「保坂展人のどこどこ日記」にも「たけくまメモ」にも載ってなかったから、飛び入りだったのかも。
  相当「ハレンチ学園」の事を根に持ってるんだにゃ。
  “かも”だから。
 発言者らのテーブルにはちばてつやの名を書いた紙も貼ってあってけど、本人の姿はなかった。
  この前に行われた記者会見に方には出ていたようだにゃ。
  他にも藤子不二雄A、さいとう・たかを、萩尾望都、西岸良平などそうそうたる顔ぶれが揃っていた。こっちの方も見たかったな。

 会場となった都議会議事堂の第二会議室を借りられたのは民主党の都議会議員吉田康一郎氏の尽力があったからなんだって。
  隣の人のノートパソコンをチラ見したら吉田光一郎ににゃってた。
  ……実はウチもそう書くと思ってた。
  にゃ 小夜ちゃんも!?
  結構な数の人が間違えてるんじゃないかなぁ……。
  報われてにゃいにゃあ。
  感謝してますって!!
 他にも元衆院議員の保坂展人、民主党から2名、無所属の福士敬子議員が発言してくれたんだよ。
  民主党の人の名前は?
  ……ごめん。覚えてない。
  ペンとノートを忘れて行くから……。
  代わりに携帯のメモ帳を使ったんだけど、やっぱりペンの方がやりやすいな。もっと詳しく知りたいって人は小寺信良という人の「コデラノブログ4」をどうぞ。一語一句とまではいかないけど、結構忠実に再現してるよ。

 永井豪先生といえば記者会見の時、読売新聞の記者が「永井豪先生の『ハレンチ学園』は大丈夫ですよ」と口走ったんだって。
  何でお前にそんにゃ事がわかるんだ。
  リークじゃない? 当人は安心させるつもりで言ったのかもしれないけど、無神経だよね。会場からは「やはり恣意的だ」って声があがってた。
 またプロの記者達の多くがこんなの通るわけがないとたかをくくっていたんだって。
  まあその点はあたし達も人の事はいえにゃいにゃ。
  ……まあね。でも相手は議会の内情に通じた記者よ。彼らが実態を把握していなかったという事は、怠慢か、それだけ秘密裏に進められていたって事よね。
 都職員に具体的にどういうものが規制対象になるのか訊いてみた人がいるんだって。その人の話によると、具体例を挙げられず、条例改正案が通ってから考えるって言ったらしいのよ。
  恣意的を超えてデタラメだにゃ。
  その人が女子高生と30代男性の真摯な恋愛の末の性交渉も規制対象になるのかと訊いたら、今後検討しますと言ったそうよ。
 中村公彦の話によると担当者は3年程度で代わっていくんだって。
  さらにちゃんとした引き継ぎがにゃされていにゃいかもしれにゃい。
  だから改正案が通った時点の担当者が漫画やアニメに理解があって、大目に見てくれる人だとしても、その人の後任がどうかはわからない。改正案みたいに何でもありなものの場合、担当者次第だから危険だよね。
 ちなみに不健全図書って知事が指定するんだけど、選ぶのは都の職員なんだって。
  都民の税金でエロ漫画三昧か。いい仕事だにゃ!

 森川 嘉一郎氏の話が一番面白かったにゃ。
  内容は「保坂展人のどこどこ日記 『児童ポルノ禁止法改正案』と『冷静な議論』の行方は」に引用されたものと同じだけどプロジェクターを使った解説がうけた。
  役人は健全にゃ漫画と不健全にゃ漫画に分かれていると思い込んでいるけど、実態はそうじゃにゃいって事を文化庁メディア芸術祭の受賞者が過去に描いたエロ漫画やエロ同人誌を紹介して証明した。
  語り口の勝利ね。漫画界はコミケの存在でプロとアマの境界線がなくなってる。役人達もそれぐらいは把握しているものと思ってたけど、そうじゃないとは。
  でもさ、映画にゃら「それでもボクはやってない」の周防正行や2008年のアカデミー外国語映画賞をとった「おくりびと」の滝田洋二郎のようにポルノ、つまり不健全にゃ映画でデビューして、一般映画の傑作を撮った人は多いにゃ。優秀にゃ人がポルノ業界から出てきた前例はたくさんあるにゃ。漫画やアニメだけ線引きされているにゃんて考えるのはおかしいにゃ。
  そうね。本当は発展なんかどうでもよくてコンテンツ産業に利権を作りたいだけなのかも。
 この人の話で一番驚いたのは国が漫画やアニメを輸出産業にするために6700万円を出して何ができたかという話。まさかシンクタンクの報告書だけとは。
  シンクタンクって儲かるんだにゃあ。

  よく不健全図書が性犯罪を誘発するって論調があるじゃない。
  呉智英は否定していにゃかったにゃ。
  現に石原慎太郎の「処刑の部屋」に触発されたガキがいたからね。
 でも実は規制が厳しい韓国の方が性犯罪は多い。これってつまり、不健全な漫画やアニメがよくいえばガス抜き、悪くいえば身代わりになってるって事よね。この事実を東京都青少年問題協議会の連中はどう思っているのかな?
  データにゃんか要らないって言ってる学者がいる委員会だもん。見て見ぬふりに決まってるにゃ。
  その前田雅英教授だけど、「保坂展人のどこどこ日記 東京都条例で「非実在青少年・創作物規制」の動きが加速」を読んだんだけど、つくづく汚い奴だよね!
 治安維持の面からもこ東京都青少年健全育成条例改正案には反対すべきね。
 この連中がやった事かどうかはわからないけど、ブラジルで開かれたある会議で日本のエロ漫画、それも子供を対象にしたもののが5000億円も売れているって報告されたんだって。
  んにゃわけねーだろ!
  そうよ。ちょっと調べてみたけど、2009年秋のデータでは漫画全体で5160億円なんだって。
  日本の漫画の殆どは児童ポルノだったのか!
  気がつかなかったなー。
 
 弁護士の山口貴士氏は児童ポルノ表現規制の流れを説明。
 07年にジョン・トーマス・シーファー駐日大使が自民、公明、民主党に児童ポルノの規制を指示したのが発端なんだって。
  その中には単純所持の禁止もあったにゃ。
  皆さんご存じの通り、国会では阻止された。そこで地方、特に出版社、流通の要である東京で推し進めることになった。
  東京で決まった事が地方にも波及する事はコンビニのエロ漫画誌を見ればわかる通りだにゃ。
  地方の場合、知事の権限は強いし、参議院にあたるものはないから通りやすいってのもあるけどね。
 東京が決まれば地方は次々に追随していく。
  次に危ないのは千葉だって噂もあるにゃ。

  仮に改正案が否決されたとしても安心はできないよ。
  誰が言ったか忘れちゃったけど、規制推進派に負けはにゃい。何度でも規制案を出してくる。
  ウチもそう思うね。ある小説家が「絵じゃないからボクらには関係ない」って意味の事を言っていたらしい。これには呆れたね。何でこんな想像力の無い奴が小説家になれるんだろう。
  今回の改正案に明記されてるわけじゃにゃいけど、確かに小説は除外されてるらしいにゃ。でも質疑応答で挿絵はひっかかるって言われたし、規制派は満足する事を知らないとも言ってたにゃ。漫画やアニメの次は小説にも魔の手を伸ばしてくるにゃ。
  くだらないし、面倒だけど、終りはないって覚悟しといた方がいいみたい。

  ところで小夜ちゃんはエロや残虐描写についてどう思う。
  そうね。18歳以下お断りみたいな形での規制は必要だと思うよ。でも、表現そのものを禁止するのは間違ってる。子供への悪影響は確かに否定できない。でもウチは思うの。世の中にいるのは善人だけじゃない。
  当然悪人もいるにゃ。
  人間だってそうじゃないかな。100%の善人なんかいないって事は子供だって知ってる。だからこそ不健全なものを描く意味があるんだと思う。
 どんなに強烈な描写だってしょせんは記号よ。現実の体験には遠く及ばない。だから何を描いてもいいとか、無意味だっていう事じゃない。
 その逆で
現実に遠く及ばないからこそ、予防接種の役割を担えると思うの。将来子供が理不尽な事、辛く悲しい仕打ちを受けたとしても、漫画やアニメ、小説で「世の中にはこういう事がある」って知っていれば無知の状態よりはダメージを軽減できるかもしれない。もしかしたら漫画やアニメから得た知識のおかげで回避できるかもしれない。不健全な描写にはその可能性がある。
 ウチの予防接種論は荒唐無稽かもしれない。でも、不健全な情報をを全く与えられずに育った子供って脆くなっちゃうんじゃないかな。
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 要点をうまくまとめてくれたことに感謝します。
 「不健全な物を描くことには予防接種の意味もある」というのには全く同意。そして同時に「不健全なものを描かなければ不健全なものの怖さもわからない」と思うのです。というのは、過去における性描写とは関係ない有害指定図書の代表格であるところの「完全自○マニュアル」、私は過去にこれを読んだおかげで今生きているのかもしれません。というのは、この本、巷のイメージのように○殺を誘発するものでは決してなく、自○するときの苦痛や、○殺に失敗したときの後遺症、そして周囲にかける迷惑まで事細かに描写して「これだけのマイナスを受け入れられるほど生きていたくないのなら自○しろ」とやっているのです。私はこれで怖気づいたから○殺しようという気が完全に失せました(笑)。私が思うに、これに影響されて自○する気になった人より、これに影響されて○殺をする気をなくした人のほうが絶対に多いですよ。だが、今ではこの本は正規流通では入手不可能に近いのです。こういったことがあらゆる「有害」に関することで起こったら、それこそ何が起こるか恐ろしいぐらいです。
 また、もしこういう担当者の胸先三寸が全ての条例が成立したら、「官僚に都合のいい事を語っている激しくエロい漫画」が見逃されて、「官僚政治を激しく批判している全然エロくない漫画」が有害指定をされるという風にいつかは絶対になります。ないしは天下りや袖の下しだいということに(官僚サイドで推進している人間の目的も間違いなくそこにあるのでしょうね)。
 ですから、この条例で日本から創作H表現が完全になくなることはないにせよ、その代わりに日本からは間違いなくもっと価値のあるものが失われてしまうでしょう。
 確かに、今回の条例を阻止したところで終わりはないのでしょうし、もしかするとこの国での「滅び」は避けられない運命なのかもしれませんが、それでもこんな馬鹿馬鹿しい条例でいろんなものが終わるのだけは勘弁して欲しいです。
(ちなみに○殺という用語はスパムコメントと判定されるようなので伏字にしました。ああ面倒くさい)

趨勢はまだ未定だけど

  会場前に並んでいた時、「イメージダウンを恐れて企業は反対声明をあげない」って話している人がいたんだよね。
  何せ性表現規制だもんにゃあ。児童ポルノ擁護と見にゃされたら大損だにゃ。
  だから一般企業の加勢は期待してなかったんだけど、マイクロソフトやグーグルが加盟している業界団体が反対を表明してくれたし、調べてみたら集会前に反対の声をあげている企業があった。
 東京都小学校PTA協議会が都議会に議席を持つ各政党に改正案を通せって趣旨の要望書を送ったから、まだ安心はできないけど、同じように反対してくれている人がいるってわかるのは嬉しいね。

No title

 吉田都議は定型文ではあっても、こちらが出したメールに即返事を返してくれました。それによると、まだまだ民主党内にも無理解な人が多いみたい。だからこそ世論の支援が必要だとも。
 議員の中にも、問題点は理解していてもイメージダウンを恐れて反対したくないという人が少なからずいるのでしょうね…。「表現の自由を完全にぶち壊す」ことによる弊害や失望に比べれば些細な問題なはずなのですが、ことが個々人の感覚や感情に結びつきやすいので確かに性表現規制を表に出されると厄介です。

No title

東京都小学校PTA協議会が賛成の声明を出した件ですが、この代表者である新谷珠恵 東京都小学校PTA協議会会長は、「第28期東京都青少年問題協議会委員名簿」に名前を連ねています。

http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/09_singi/28meibo.pdf

つまり、条例案作成当事者ですね…

No title

 加害児童の親だけでなく被害児童の親まで罰せよと言ったおばさんですね。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ