インディーズ模型の歴史といっても過言ではない フィギュア誕生30周年海洋同フィギュアワールド

 豊橋ミケ(以下猫) 東武百貨店、今年ににゃってたて続けに立体絡みのイベントをやってるにゃ。
 九条小夜子(以下九) そうだね。でも先月のタミヤモデラーズギャラリーは毎年恒例だから海洋堂フィギュアワールドが間を置かずに開かれたのはたまたまじゃないかな。それに連続しているとはいってもたったの2回だし。多いというのはどうかな。
 というわけで5月に渋谷でも行われたのですが、あいにく時間がなくて行けなかった海洋堂フィギュアワールド。近場の東武百貨店で再度開かれるというので見てきました。
  エスカレーターで8階まで行くとスタジオぬえのパワードスーツがお出迎えだにゃ。

ハインラインのパワードスーツ

  対比物が無いからわかりにくいと思うけど、これ、等身大サイズなんだよ。写真は撮らなかったけど、定番のケンシロウと綾波レイのもあったよ。
 入ってすぐに専務のお部屋から宮脇社長がご挨拶。

専務の部屋1

専務の部屋2

専務の部屋3

  昭和のプラモでいっぱいだにゃ。
  海洋堂の前身は町の模型屋さんに過ぎなかった。ある日、歯の治療に使うレジンを使えば少数ながら個人でも模型を流通させる事ができると知り、それに一本に絞って勝負に出たのよ。規模が規模だから大ヒットとはいかなかったけど、模型業界では名の通った存在になった。専務のご挨拶の次はその頃のガレージキットが見られる。

黎明期のガレージキット群1

黎明期のガレージキット群2

黎明期のガレージキット群3

黎明期のガレージキット群4

ダイナミックなゴジラたち

初代ゴジラ

ウルトラマン

セブン、マン、旧1号

初代バルタン星人

ブロッケンとイングラム

零式DX

トリケラトプス

  わぁー……色は塗ってにゃいけど、ウロコの一枚一枚まで作りこんであるのが小夜ちゃんの写真でもわかるにゃ。
  ウチの写真でもってのがひっかかるけど、黎明期から今に続くキャラクターもの、生物フィギュアの二本柱ができていたんだね。

海底軍艦内部図解

 上の轟天号、実は裏から撮ったものなんだ。ケースの正面を向いている方はちゃんと外装が付いているから、気づかなかった人も多かったと思う。ウチだってたまたま気づいたから写せたようなもんだし。
 作品だけでなくそれを作り出す造形作家にも光をあてているのが海洋堂らしいところ。中でもフィギュア、ヴィネット作りのためのデザイン画の展示はホビー誌でもなかなか見られない。レア中のレアもの。これを見られたのが一番の収穫かも。

デザイン画1

デザイン画2

  「造形作家の机」を再現した展示品もあるけど、これじゃ肘をつくのがやっとにゃ。本当にこれで作業ができるのかにゃ?

造形作家の机1

造形作家の机2

  ビデオ映像を見ると机の上には乗せず手に持って作業してる人が多いから、机の上は散らかっていても差しさわりはないのかもね。
 海洋堂を代表する松村しのぶ、BOME、榎木ともひで、大嶋優木、竹谷隆之の作品をどうぞ。

アフリカゾウ

BOMEのキュアピース

BOMEのセシリア

BOMEの鬼娘

巨神兵ヴィネット

巨大新横浜ありな

リボルテック「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズ

  BOMEのだけやけに多いにゃ。
  海洋堂といえばやっぱりチョコエッグに代表される食玩フィギュアだよね!
  ……逃げたにゃ。
 お客さんの中には「懐かしー」って言ってる人もいたにゃあ。
  大ブームだったもんね。

チョコエッグ

チョコエッグ2

MIU

ワールドタンクミュージアム

 食玩の他に博物館や動物園、水族館のお土産として限定発売されたカプセルミュージアムも展示されていた。
  買いに行けずやきもきしていたファンも多かったろうにゃ。

動物フィギュア

博物館シリーズ1

博物館シリーズ2

旭山動物園

ボトルキャップMAP

 そこにいる動物をボトルキャップで表したマップなんて気がきいてるよね。
 食玩やお土産フィギュアを使ったディオラマもたくさん展示されていたよ。

タカアシガニ

 中でも圧巻なのは江ノ島水族館のボトルキャップのイワシをふんだんに使ったディオラマというか、特大ヴィネットというか……。

イワシの群れ

  メーカーだからこそできる大技だにゃ。
  ブームを巻き起こしたのは食玩だけじゃない。模型ファンのみならずオタクの話題をかっさらっていったあのヴィネットの名作たちも展示されていた。

タイムスリップグリコ1

タイムスリップグリコ2

カムイ外伝

 海洋堂の今といえばリボルテック。その展示もやっぱり凄かった。

アベンジャーズ

スパイダーマン

複数のリボルテックで連続写真を再現

  最後の一枚は凄いにゃ。
  発想も凄いけど、それを可能にしたリボルテックも凄いよね。
 ディオラマもすばらしかった。

「ジュラシックパーク」のティラノサウルス

ヴェロキラプトル

  大阪万博の太陽の塔の内部展示の一つ「生命の樹」の復元もよかったにゃ。

生命の樹1

生命の樹2

  完全な状態なのはこの復元だけなんだって。
 時間が合わなくてウチらは参加できなかったけど、3、4日にはティラノサウルスのフィギュアを教材にした塗装教室をやっていた。
  同様の事は滋賀県の海洋堂フィギュアミュージアムでもやってるにゃ。
  00年代に入ってから食玩ガシャポンのクオリティが格段に上がったよね。
 それは嬉しいんだけど、ワールドタンクミュージアムやバンダイのガンダムのガシャポン食玩を見るたびに「これが300円ぐらいで手に入るのならもう誰もプラモなんか作らないんじゃないか」って不安も感じたんだよね。自分で作るよりずっと出来のいいものがずっと安く手に入るんだもん。逆にいえば素人が接着剤やらヤスリ、塗料とかを買い揃えて、合わせ目を消したり、色を塗るなど手間ひまかけて作ったプラモよりワンコインで買える海洋堂のフィギュアの方がはるかにできがいい。
  やってられにゃいにゃ。
  そう思う人、絶対いたと思うんだ。
 海洋堂がそういう不安を感じているかどうかはわからないけど、手で作る楽しさを伝える場というのはホビー業界の将来のためには非常に大切だと思う。
 最後に海洋堂が新たに始めたカプセルQ。かつてのチョコエッグや食玩を思わせるラインナップをガシャポンでお届けって企画なんだ。
 既に多くのシリーズが出ているけど、9月に発売の新シリーズのお披露目もあったよ。
  「クイーンズブレイド」と「進撃の巨人」だにゃ。

カプセルQフロイライン「クイーンズブレイド」

カプセルQキャラクターズ「進撃の巨人」シリーズ

 「進撃の巨人」の前列左のフィギュア、横ににやってるにゃ。
  何かの衝撃で倒れちゃったんだろうね。
 それにしても……。
  ?
  東武百貨店って場所を思えば「週間わたしのおにいちゃん」が無いのはしかたないと思ってたんだけど……「クイーンズブレイド」のナナエル、いいのかなぁ……。
  ……結局はそれかにゃ。


スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 海洋堂 フィギュア カプセルQ クイーンズブレイド 進撃の巨人 食玩 ガシャポン

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ