喜ぶべきか心配するべきかそれが問題だ。 TOHOシネマズ映画料金値下げ

 九条小夜子(以下九) シネコン最大手のTOHOシネマズが映画料金を12年春から一般1500円、18歳以下は一律1000円に値下げすると発表しました。
 豊橋ミケ(以下猫) 映画ファンには朗報にゃ!
  うーん、短期的にはそうかもしれないけど……。
  え、小夜ちゃんは値下げに反対にゃの?
  そこが難しいとこなんだよね。本音をいえばウチも値下げは大歓迎。でもお客様に還元ってわけじゃなくて、観客が伸び悩んでいるから背に腹は変えられないって感じの値下げなんだよね。
  そこがわかんにゃいにゃ。確か去年の興業収入は過去最高だったはずにゃ。
  そう。ただニュースによれば入場者数は頭打ちなんだって。
  変だにゃ。入場者数が変わらにゃいなら、興業収入だって変わらにゃいはずにゃ。
  たぶん3Dのせいじゃないかな。
  あ、そうか、特別料金って事で300円くらいアップしてるから。
  ま、あくまでもウチの想像だけどね。3D眼鏡の管理維持や設備投資で劇場自体は苦しくて、潤ってるのは興業会社だけって説もある。
 あるいは入場者数を増やすために体力のあるうちに値下げしようってハラなのかも。
 気になるのは300円の値下げ分を誰が負担するかなんだよね。
  TOHOシネマズは業界最大手の稼ぎ頭の東宝グループだからあたしらが心配する事にゃいにゃ。
  東宝はそうかもしれない。「スターウォーズ」公開前は映画料金は一般でも1300円だった。「スターウォーズ」の人気に便乗して東宝は映画料金を1500円に上げたの。最初は「スターウォーズ」だけの特別料金だったけど、やがて1500円が当たり前になり、今の1800円になった。それと同じ事がまた起こるかもしれない。
  いい作品なら金がとれるにゃんてあぐらをかいてはいられにゃいもんにゃあ。他の社も追随するって事だにゃ。
  そう。
  東宝様々にゃ。
  ……ミケ、ウチがいった事、忘れてない?
  あー、値下げ分をどうするかだにゃ。
  そう。サービスの縮小ならいいんだけど、弱い立場の劇場に押し付けられるかもしれないのよ。
  そうにゃったら小さいとこにゃんかつぶれちゃうかも。
  そう。斉藤守彦は「映画館の入場料金は何故1800円なのか?」で、劇場は入場料じゃなくてジュースやパンフレット等の関連グッズで稼いでいるって書いてる。300円がその稼ぎを食いつぶさないよう祈るばかりだね。

映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?
(2009/11/28)
斉藤 守彦

商品詳細を見る

 もっとつらいのはミニシアターかもしれない。今まではアート系やマニアックな映画はミニシアターって風に住み分けができていたけど、最近になってそれが崩れてきた。ミニシアターで話題になった作品をシネコンでも上映するようになったのよ。
  ミニシアターは都心に多いから地方の人にとっては有難い話にゃ。
  確かにミケがいうような面もある。でも現実にはつぶれるミニシアターが増えてるのよ。何故かはいうまでもないよね? 同じ料金でもこうなんだからシネコンの方が安いってなったら……。
  ミニシアター冬の時代どころじゃにゃいかもにゃ。
  そう。TOHOシネマズはパンドラの箱のふたどころか地獄の釜を開けちゃったのかもしれないよ。
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ