史上最弱の吸血鬼 「恐怖劇場アンバランス」 第11話「吸血鬼の絶叫」

 豊橋ミケ(以下猫) 夏に日本映画専門チャンネルで放送された「恐怖劇場アンバランス」
 今、録画しておいたのを観てるんだけど、第11話「吸血鬼の絶叫」は凄かったにゃ。
 九条小夜子(以下九) うん、確かに強烈だったね。
 現代っていっても昭和40年代前半の日本に突然吸血鬼が現れる話なんだけど、何で吸血鬼が日本にいるのか、その辺りの説明がいっさい無い。
  でもまあそういう事ってよくあるにゃ。
  確かにそういう点はつっこむ方が野暮かもね。でもこの吸血鬼の特徴にはつっこまざるを得ない。
  確かに変だもんにゃあ。夜にゃ夜にゃ女性を襲って血を吸う事には変わりはにゃいんだけど、優雅にゃドラキュラとは違ってどう見ても変質者。
  さらに目を疑うような弱点が追加されていた。なんとこの吸血鬼、銅とロウソクの明かりに弱い!
  普通、吸血鬼の弱点っていえばニンニクや十字架だよにゃあ。
  一応十字架を突きつけて追い払うシーンはあるけど、後でその十字架が銅製だったからと説明していた。
  鉄や木だったらどうなっていたか。
  それってさ、考えようによっては銅でできていれば形は何でもいいって事になるよね?
  劇中ではっきりそういってるわけじゃにゃいけど、理屈ではそうにゃるにゃ。
  て事はさ、十円玉でも撃退できるよね。
  うん、あれも銅だもんにゃあ。
  十円玉投げられて退散する吸血鬼って……。
  それじゃ節分だにゃ。
 自分の存在を知った主人公達を抹殺しようとすれば、たまたま停電ににゃっていたからつけていたロウソクの光に怯えて逃げちゃうにゃ。
  夜明けの都会を走る後ろ姿の情けないことといったら……。
 今は蛍光灯が当たり前だからいいようなもののガスもない昔は大変だったろうねえ……。
  進歩の恩恵を受けた魔のものにゃんてこいつぐらいだろうにゃ。
  この吸血鬼、弱いうえに頭も悪い。
 ラストは眠っている吸血鬼の心臓に杭を打ち込んで殺すっていう定番シーンなんだけど、こいつ、最も無防備な状態の筈なのにアジトに鍵すらかけていなかった
  普通の日本人だって夜寝る時は鍵をかけるのににゃあ。
  ここまで警戒心の薄い吸血鬼って初めて見たよ。
  ましてこいつの場合、生死に関わる事にゃのに……。
  ウチらの話だけみるとコメディに見えちゃうけどスタッフは大真面目。
  だったら原典通りにすればいいのに、にゃんでこんにゃ変にゃ設定にしたのかにゃ?
  スタッフの頭の中がアンバランスだったんじゃない?
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ