急いてはプラモを作り損ねる!!  バンダイメカコレクション ジェットビートル&「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」

 九条小夜子(以下九) はぁ……できた。

 ビートル隊用ジェットビートル

 豊橋ミケ(以下猫) やっとできたにゃ! それじゃ5月最初の「小夜ミケのネタころがし」は「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」だにゃ。
  だねぇ……。
  ? 小夜ちゃん、せっかくプラモが完成したのに何かテンション低いにゃ。
  できたといえばできたけど、失敗作よ……。
  え……?
  気分を変えたいから映画の方から入るね。
  えーっ!?


  田口清隆監督の前作「劇場版ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン」は「キングコング対ゴジラ」みたいな明るく楽しい怪獣映画を作ろうとして失敗していたけど、今度の「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」でその意図はようやく成功したといえる。
  甚大な被害が出てる点は変わらないけど、今度は温度差が感じられにゃかったもんにゃ。
  そう。もしも敵がデアボリックだけだったらこうはならなかっただろうね。
  コミカルな宇宙人達が矢面に立ったから久しぶりに明るい怪獣映画に仕上がったにゃ。
  世界を宝石にしようというムルナウが前面に出ていたら「劇場版ウルトラマンX」のように温度差が生じていたかも。宇宙人達のキャラクターに救われたといってもいい。
 その宇宙人の中でも群を抜いていたのがガピヤ星人サデス。かつてオーブと戦い、その結果身体の半分以上を機械にしていて、出てきた時はその恨みでガイに挑んできたのかと思ったけど、すぐに昔の事はどうでもよくて、この人は今やっている戦いにしか興味が無いんだってわかった。
  その興味の持ち方もよくあるニヒルな感じじゃにゃいんだよにゃ。
  まるでカリカチュアされた松岡修三かルー大柴。最期の瞬間までこのテンションを保ち続けたのは素晴らしい。
  真っ二つにされたのに「ハッピー!」だもんにゃあ。
  コミカルな断末魔っていうのは戦隊シリーズじゃ珍しくもないけど、サデスほど突き抜けてるヤツはいない。
  自分の死までも全肯定だもんにゃあ。
  声優が山寺宏一だった事も大きいね。彼じゃなかったらここまでカッ飛んだキャラクターにはならなかったと思うし、山寺宏一以外のサデスなんて考えられない。ウチにとっては銭型警部以上のハマリ役だよ。
 サデスは17年のベストキャラクターに入るね。
  さてそれじゃあプラモの方に入るにゃ。
  ……うん、そうだね。


 見ればわかると思うけど、バンダイから出ているメカコレクションのジェットビートルに「ウルトラマンオーブ」に出てきたビートル隊のゼットビートルを模して塗装したの。
 キットを買ったのは昨年の秋頃で、「ウルトラマンオーブ」終了に合わせてか、年賀状用の画像に使おうと思ってたんだけど完成させられなくて……。
  そこで劇場版の公開に合わせようとしたんだよにゃ。
  それも間に合わなかったけどね。
 塗装するまでは順調にいってたんだよ……。

 昭和にこういうキャラいたよね?

 上の画像は塗装前に仮組みしていた時に撮ったもの。アンテナがアホ毛に、機首のパーツを固定するためのピンが出っ歯に見えない?
  いわれてみれば……。
  昭和の漫画かアニメにこういうキャラがいたような気がするんだけど、名前が出てこないんだよね~。

 下地の黒

 模型雑誌等でシルバー等のメタリックカラーを塗る時は黒を下地にするとより光沢が出るって書いてあるのを読んだから、今回、試しにやってみたの。
  で、どうだったにゃ?
  確かにきれいなシルバーになった気がするよ。
  気がする?
  一手間かけたんだからよくなっているはず、そうであってほしいって気持ちがそう見せているような気もしちゃうんだよね。比較対象のために適当なパーツに違う塗り方をしておけばはっきりとした違いがわかったかもしれないんだけどさ、その時はそういう事、思い浮かばなくて。
  ヤマトの第三艦橋みたいにゃパーツは何にゃ?
  ああ、それね。最初はウチも何だかわからなかったんだけど、「怪獣墓場」でシーボーズをロケットに固定するためにワイヤーを撃ち込んだじゃない? その時のワイヤーを射出する装置よ。
  へー、よくそんにゃマイナーにゃものを再現したにゃあ。
  うん。メカコレのジェットビートル、完璧ではないけど値段のわりにはいいキットだと思うよ。銀と赤にパーツが色分けされてるし、翼の模様や窓などはデカールで再現できるようになっている。もっともこのデカールが曲者なんだけど。
  どういう事にゃ?
  それは後でいうね。
 ここまではスムーズにいったのよ。でもシルバーをスプレーした時からグダグダになってきた。
 最初のつまづきはスプレーを吹いた後、機首の先端に幅1ミリ、長さ2、3ミリ程の短冊状のゴミが付着していた事に気づいた事。翼の裏面とかならまだしも機首とあっては嫌でも目立つ。しょうがないからゴミを取り除いたあと、その部分だけ削って塗料を落とし、下地からやり直した。その結果がしたの画像よ。

 スプレーで銀を塗装

  あれ、第三艦橋がにゃいにゃ?
  あれね。実は支柱の部分がぽっきり折れちゃって……。油断していたね。もうちょっと太ければピンバイスで穴をあけてそこに細い針金を通して補強とかできたんだろうけど、それができる太さじゃなくて諦めるしかなかったんだ。
  そっかー。
  さらにトラブルは続く。ビートル隊仕様だからキットのデカールは使えない。それに青い部分の上には面倒なラインが走っている。
  帰ってきたジェットビートルだからかにゃ。
  20年ぐらいしたらジャックビートルになってるとか?
 幸い塗装に入る前に「宇宙船」のイヤーブックが出たのでカラーリングはそれを参考にしたよ。背面はわからないからそれは科特隊のビートルを参考にした。
  間違ってるかもしれにゃいにゃ。
  もうそんな事気にしてる場合じゃなかったんだよ。「宇宙船」のイヤーブックを見てびっくりしたんだけど、主翼と尾翼の先端に宇宙ビートルのロケットエンジンらしいものが付いているんだよね。というか宇宙ビートルのロケットエンジンをつなぐ板を外したのがゼットビートルなんだね。青いラインや先端が白くなっている事は放送中に気付いていたのに、何でこんな大きなものを見逃していたのか……。
 ちなみにゼットビートルって名前も「宇宙船」のイヤーブックで初めて知ったの。

ゼットビートル

  劇中じゃそんにゃ名前出てこにゃかったにゃ。
  渋川のおじさん以外にも人がいるのはわかったけど、地上戦力とか全く出てこなかったもんねぇ。
  劇場版にゃんか渋川のおじさんしか出てこなかったもんにゃあ。
  ウチなんかウルトラセブンが出るって聞いてたからビートルの代わりにウルトラホークが出てきたらどうしようって気が気じゃなかったよ。
 ちょっと話はそれるけど、切通理作の「怪獣少年の<復讐>」って本に著者と「ガンダムUC」の福井晴敏の対談が載ってて、そこで福井晴敏がウルトラヒーロー勢ぞろいはもうやっちゃったから次は歴代防衛隊のメカ総出演をやったらどうだって言ってるのよね。で、福井晴敏はそのアイデアを円谷プロに伝えたとも言ってるの。だから「オーブ」のTVシリーズにゼットビートルが出た時、すぐにその話を思い出して、劇場版で歴代防衛隊のメカを出すための伏線じゃないかって思ったんだけど違ったね。総出演どころか防衛隊は渋川さん一人だった。
  マガタノオロチ戦で力を使い果たしたか、責任を追及されて縮小されていたかもにゃ。
  トップが藤田進だったら間違いなく解散だろうけど。
  MATじゃにゃいんだから。
  青いラインは面相筆で描く自信がなかったので青の油性のサインペンで引いたよ。
  ご、強引に話を戻したにゃ。
  あまり色のバリエーションがなくて、機首からの青と合わなかったらどうしようって不安はあったけど、やってみたら意外と違和感無かったね。
 近くで見ると線がよれよれなのが丸わかりで不恰好なんだけどね。今思えばロケットエンジンが無いんだからゼットビートルとはいえない。だから「ビートル隊仕様のジェットビートルなんで青いラインはありません」って事にしちゃえばよかったんだけどね。
 不恰好といえば機体の青い部分。成形色やデカールには頼れないからマスキングの手間を惜しんでスプレーではなく筆塗りでやったんだけど、これがまずかった。
  ムラににゃってるにゃ。
  普通は塗料を適度に薄めて塗るらしいんだけど、そうると下の色が透けちゃうおそれがあった。それで少しでも隠蔽力を高めたいとビンの中のものをそのまま塗ったのよ。
 4月中に完成させようとして台無しにしちゃった。
  映画はもうとっくに終わっていたんだから焦る事にゃかったにゃ。現にこのブログを更新したのだって5月にゃんだし。
  ミケのいう通りだよ。そもそももっと早く作っていれば……。
  小夜ちゃん、そういえばデカールがどうとかいってたけど、どういう事にゃ?
  そうそう、デカールとえいばこれも失敗だった。組み立ててから貼ればよかったって後悔しているんだ。
  どういう事にゃ?
  主翼や尾翼の塗り分けはともかく下面の白い部分とか胴体側面の番号とかはキットのデカールでやったんだけど、これが脆いのよ。組み立てる前に貼ったウチも悪いんだけどね。下面なんか組み立て中に押した拍子に破れてぼろぼろになっちゃった。これ、乾く前じゃなくて乾いてからの話だからね。慌ててそこをつや消しホワイトで塗ったけど凄く汚くなっちゃってね、とても見せられたものじゃないよ。
  でもそれって小夜ちゃんのミスじゃにゃい?
  今日まではそう思ってた。思ってました。
 一昨日、ブログ用の写真を撮影したのね。その時は気づかなかったけど胴体のSIIIってデカール、反対側のものがはがれかけてたのよ! 昨日、ブログに使うものを選んでいる時に気付いたのよ。えーって思ったね。
  デカールってそんにゃに脆いものにゃの?
  ウチも同じ事を思ってるよ。ウチのイメージではもっとしっかりしたもの、押したくらいじゃ破れないって思ってたんだけどどうやら違うらしい。願わくばウチがたまたまそういうデカールを“つかまされて”しまったって思いたいね。
  他にもデカールを使うキットあるもんにゃあ。

    

スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンシリーズ
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ウルトラマン オーブ サデス 山寺宏一 ジェットビートル デカール

水を扱った作品が多かった タミヤモデラーズギャラリー2016

 九条小夜子(以下九) 今年も行ってきました「タミヤモデラーズギャラリー」!
 エスカレーターで8階まで行って最初に目につくのが人形改造コンテスト
 豊橋ミケ(以下猫) 今回の人形改造コンテストは逸品ぞろいだったにゃ。
  一番目を引くのはやはり「鳥獣戯画」。

鳥獣戯画

  金賞にゃのも納得の精密な造形だにゃ。

鳥獣戯画 ~河津掛け~ 鳥獣戯画 ~競馬~ 鳥獣戯画 ~勝負あり~ 鳥獣戯画 ~印字打ち~

  このサイズなのにびっくりする程表情豊かなんだよね。
 ささやかなドラマを感じさせるのが「Dreaming of……his sweethear」と「Dreaming of……his wife and children」。

Dreaming of……his sweetheart

Dreaming of……his wife and children

  「Dreaming of……his wife and children」は子豚がいい味出してるにゃ。
  「Dreaming of……his sweethear」は兵士の表情とカラスの対比がいい。
 「鳥獣戯画」がなければ金賞だったかもと思わせるのが「終物語」。原作小説のボックスイラストをモチーフにしていて、アニメ的ではなく写実的なアプローチで作っているけど、それでいて大きくイメージを損ねていないのはお見事!

終物語 終物語ボックスイラスト

 タミヤモデラーズギャラリーってアニメネタがかなり少ないんだよね。
  つーか無いっていった方がいいにゃ。
 去年「劇場版ガールズ&パンツァー」が公開されたから2013年2014年みたいに「ガルパン」絡みの模型があるかにゃと思ったら一つもにゃかったにゃ。
  あの劇場版の後でこれなんだから13年や14年は例外中の例外と見た方がいいかもね。
 人形改造コンテストとなるともっと少ない。ウチの知る限り「ガルパン」ネタはなかったし、去年、ジョジョ第3部の扉絵を再現したものがあった程度。
  実写映画ネタは結構よくあるんだけどにゃあ。やっぱ主催がタミヤだからかにゃあ。
  人形を改造するわけだからジャンルは問わない筈なんだよね。プロポーション的にアニメキャラはやりにくいのかな。
  それ以前に審査員のウケが悪いのかもにゃ。
  うーん、個人的にはそれはないと思うんだよね。2014年の時なんて壁の一面が「艦これ」で覆いつくされていたんだし。主催者側に拒否反応があるならそんな事はないと思うんだ。
  じゃあ何でアニメはにゃいの?
  今のところはそういう“客層”だからとしかいえないなぁ。
 人形改造コンテストでウチらが凄いって思ったのが「アントマン」。

アントマン

 よく作ったよねー。
 映画つながりで昨夏公開された映画「ジュラシック・ワールド」を題材にしたディオラマがあった。

ジュラシックワールド1

 タミヤから恐竜のプラモデルが出ているので恐竜をメインにした作品が必ず一つはあるものだけど、これの中心は新種のインドミナス・レックス。

ジュラシックワールド2

  ティラノサウルスの改造かにゃ。
  そうじゃないかとは思うけど、腕は太くて物がつかめるような手になってるし、尻尾も短い。頭も小さくなってるから、使ったとしても芯としてのみだと思う。いろいろ盛ってるから原形は埋没してもうわからないと思うな。
  逆に模型をストレートに使ったと思えるのはヴェロキラプトルだにゃ。
  映画のヴェロキラプトルと比べると口が細い気がするもんね。

ジュラシックワールド3

  他にも恐竜の模型があったにゃ。
  二、三あったと思うけど、よかったのは「奪取、脱出、危機一髪」と「Jurassic Schimmwagen」ね。

奪取、脱出、危機一髪 Jurassic Schimmwagen

  どっちも恐竜対ドイツ軍だにゃ!
  何故か現代の軍隊や乗り物ではなく第二次世界大戦時の軍隊との組み合わせが多いんだよね。
  タミヤから現代の車や飛行機が出てにゃいわけじゃにゃいのににゃあ。
  そうなんだよね。ウチらはほとんど紹介しないけど現代の車の模型も出品されている。してみるとカーモデラーは恐竜に興味が無いのか?
 「Jurassic Schimmwagen」は滝を挟んでのドイツ兵と恐竜たちの対面だったけど、今回は水を用いたディオラマが多かった。
  全てが成功していたわけではにゃいけどにゃ。
  その一例が「雨」。

雨

  地面が濡れているのはわかるんだけどにゃあ……。
  タイトルを見ても雨が降ってる最中なのか、雨降り後なのか判断できない。そもそもディオラマで雨を表現するのは非常に難しい。
  細くて透明にゃ棒で表現しても邪魔くさいだけだもんにゃ。
  水たまりを作ってそこに無数の波紋やしぶきを作れば雨が降っているとわかるんだけどね……。雨に挑んでみたのはタイトルから察せられるんだけど、成功しているとはいい難い。
 逆に水の表現が秀逸だったのが「休戦協定」。

休戦協定1

  ? どこに水があるにゃ?
  やだな、よく見てよ。井戸からたらいに水をくんでるじゃない。

休戦協定2 たらいの水面が波打っている

 流し込まれる水の勢いでたらいの水面が波打ってるんだよ。凄い細かいよね。
 水の表現とは違うかもしれないけどこのディオラマもよかった。

クルップボクサー

  確かに川があるけど……小夜ちゃんがいう程凄いとは……。
  水というよりは水の中ね。ほら、浮きとその下の魚まで作ってあるでしょ。

クルップボクサーの浮き

  あっ、本当だにゃ! 細かいにゃあ。いわれにゃいとわかんにゃかったにゃ。
  水の表現で圧巻なのは「JUNGLE CRUISE」ね。

JUNGLE CRUISE

  波のしぶきを一つ一つ作ってるにゃ!
  白くなってるのが塗装じゃないのが凄いよね。他にもしぶきを綿で表現している作品があったけど、こっちの方が水らしさが出てる。
 細かい部分が素晴らしいといえば「れんがの街」。

れんがの街

  小夜ちゃん、これ、台座には「COLD WAR」って書いてあるけど……。
  そうなんだよね……。まさかまたタイトルを取り違えたなんて事はないよねぇ……。
 端の方で呼び止められている自転車の人がいかにも困ってるって感じなのがウチは好き。

呼び止められた自転車乗り

 フィギュアがいい仕事をしてるといえばプロモデラー青木周太郎のディオラマ! この二つはつなげて一つの作品になるんだって。

青木周太郎のディオラマ1 青木周太郎のディオラマ2 青木周太郎のディオラマ3 青木周太郎のディオラマ4 青木周太郎のディオラマ5 青木周太郎のディオラマ6

  どっちの兵隊も一人一人仕草が異にゃってるのが凄いにゃあ。
  線路の上にぽつんと一人でいる兵士のわびしい雰囲気とかと会話が聞こえてきそうな馬車の老人とかもいいよね。
  和気あいあいとした雰囲気が伝わってくる「食事の時間」もいいにゃ。

食事の時間

  雰囲気といえば「カモフラージュ」も戦闘の合間って感じがよく出ていて好き。

カモフラージュ

  戦闘といえば横転した戦車運搬車をバリケード代わりにして戦う兵士達を描いた「Battle of DRAGON fort」もいいにゃ。

Battle of DRAGON fort

  これはかなり変わったシチュエーションだよね。現実の戦場じゃ珍しくはないのかもしれないけどディオラマでは珍しいと思う。斬新な構図といえば離陸の瞬間を垂直にして描いた「Catapalt Shoot!」もいい。

Catapalt Shoot!

  飛行機の背面を見せる構図のディオラマ自体珍しいにゃ。
  アイデアの勝利だね。
 飛行機つながりではオーソドックスながらF-22ラプターがかっこよかった。

F-22ラプター

 ちょっと話がそれちゃったけど、変わった構図なら何でもいいってわけじゃない。この「Let's drink early」は懲りすぎて失敗した感がある。

Lets drink early1

  樽? いや酒のケースかにゃ。その上に戦車と歩兵が乗ってるにゃ。
  元ネタがあってそれを再現した結果こうなったのかもしれないけど、模型向きの構図とは思えない。正面から見ると酒のケースがメインに見えて、戦車や歩兵は添え物のように見えちゃってる。でも歩兵や戦車もちゃんと作ってあるんだ。

Lets drink early2

  酒のケースの曲面に合わせて履帯も曲がってるにゃ。
  それだけじゃない。歩兵のフィギュアにも躍動感があるでしょ?
 これらは正面からじゃ見えない。横に回って初めて見えるんだ。これはちょっともったいないな。
 もったいないといえば「道、迷ってないよね?」。

「道、迷ってないよね?」1

  奥の方に車がいるにゃ。
  タイトルから考えると車は中央に配置するべきだよね。気づかないってことはないけど、場所と木に隠れているせいで印象が弱い。
  確かにこれだと小さにゃ滝がメインに見えるにゃ。
  せっかく地図まで作ってあるのにこれまたもったいないよ。

「道、迷ってないよね?」2

 何をメインにするかが難しいのは「ジュ・トゥ・ヴ ~お前が欲しい~」も同じ。

ジュ・トゥ・ヴ ~お前が欲しい~

 タイトルから察するとメインは砲身の上の黒猫だと思う。でも端の方だし、どうしても目は戦車本体の方に行っちゃう。戦車を下がらせて黒猫がディオラマの中央に来るようにすれば黒猫と兵士のやりとりが中心だとすぐにわかったと思うんだけど。
 凝った作りではないけどアイデアで目を引くのが「0-400m(ゼロヨン)戦車」。

0-400m(ゼロヨン)戦車

  戦車道がありにゃんだから戦車でレースしてもいいにゃ。
  特撮好きにはグッとくるのが「PANTZER FACTORY」。

PANTZER FACTORY

  あー、にゃるほど。ウルトラシリーズにゃんかの基地内の風景を思い出させるにゃあ。
  でしょでしょ。
  にゃらこれも好きだにゃ?

ラジコンオリジナルダンプ

  うん、いいね!
  ラジコンオリジナルで実在する車両じゃないけど四つのキャタピラが特撮メカっぽいもんにゃ。
  風刺のきいた逸品の紹介で幕を閉めよう。

幻の東京オリンピック

  ザハ・ハディド案の新国立競技場に旧ロゴマーク、極め付きは舛添前都知事だにゃ。
  舛添前都知事というより白髪の中曽根元総理に見える。
 タミヤといえばスケールモデルだけど、だからといってファンタスティックな作品が無いわけじゃない。スケールモデルのパーツを組み合わせて独自の世界観を生み出している作品が毎年出品されているんだ。今年は「鉄の住人」、「2020」がそうだった。

鉄の住人

2020

  「2020」の連れてるのってもしかしてハイエナ?
  確かに普通の犬とは違う感じがするけど、ハイエナとも違う気がする。オリジナル犬種かもしれないね。
 残念ながら今回はカレーやマグカップなどのお土産は買わなかったよ。
  欲しいものがにゃかったんだにゃ。
  そうなんだよ。熊本地震を受けてくまもんのミニ四駆はあったけどね。ウチらが買ってもねぇ。

がんばれ! 熊本ミニ四駆

  ホビージャパンの最新号は買おうかどうか迷ってたにゃ。
  うん、武者巫女トモエの着替えフィギュアの写真がね、気になっちゃって……って何をいわせる!
  考えてみれば、いや、考えにゃくてもプラモデルのイベントでレトルトカレーやマグカップを買って帰る方がおかしいにゃ。今回が残念というよりいつもの方がおかしいんだにゃ。
  いつもおかしいって失礼じゃない?
 あ、そういえば結局買わなかったんだけどさ、気になるキットがあったのよ。
  どんにゃ?
  35分の1の歩兵フィギュアなんだけどね。

ソビエト歩兵進撃セット

  ? 何でこれが気ににゃるにゃ? 普通の情景フィギュアセットじゃにゃい。
  よく見て。中にソ連兵の中に山崎努がいるのよ。
  は? 小夜ちゃん、何いってるにゃ。
  本当なんだから! もっとよく見てよ。

ソビエト歩兵進撃セットの山崎努

  あ、ホントだ。


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : タミヤモデラーズギャラリー 人形改造コンテスト フィギュア 恐竜 タミヤ ディオラマ 山崎努

プラモのデスロード タミヤモデラーズギャラリー2015

 九条小夜子(以下九) 夏といえばウルフェスにタミヤモデラーズギャラリーだよね!
 豊橋ミケ(以下猫) いや、それは違うにゃ。
  確かに一般的じゃないかもね。
  オタクでもワンフェスとコミケじゃにゃいかにゃ。
  この流れで「今年は行けませんでした」ってやったら斬新なんだけど、生憎今年も行ってきました。
  生憎?

  「細かいが凄い! タミヤモデラーズギャラリー2014」で小夜ちゃん、「今年は『GODZILLA』が来る!」っていってたけど、かすってたにゃ。

 ゴジラ生誕60周年記念作品群

  ギャレゴジが来る! って思ったけど初代だったかぁ~。
 その人形改造コンテスト、今年は充実していた。
 単行本の見開きを人形で再現した「ジョジョの奇妙なコミック第14巻」やパースを付けた奥行と船内の狭さを再現した「日本人初のISS船長 若田光一さん」など着想の面白い作品があった。

 ジョジョの奇妙なコミック第14巻

 日本人初のISS船長 若田光一さん1 日本人初のISS船長 若田光一さん2

  承太郎とスタープラチナだけにゃのが惜しいにゃ。
  うん、どうせやつるならアヴドゥル達も作って欲しかったね。
  あれ、よく見るとタロットカードの絵が違うにゃ。
  いいところに気がついたね。ウチも詳しくは知らないんだけど、著作権の問題で今出まわっている単行本や文庫はタロットカードの絵が差し替えられているんだ。
  え、じゃこれって?
  うん、単行本の初版って事だね。実はウチも初めて見るよ。
  悪い意味でレアだにゃ。
  意味っていうより事情だね。
 毎年出品作の細かさには舌を巻くけど、「画鬼、暁斎」は造形の精密さだけでなく、躍動感まで出しているのが凄い。ウチ的にはこれが最優秀賞だよ!

 画鬼、暁斎

  確かにあんだけ小さいのに生き生きした表情を作ってるのは凄いにゃ。
 「ガルパン」、今年は影も形もにゃかったにゃあ。
  昨夏、「これが本当のアンツィオ戦です!」をやったし、秋には劇場版も公開するから再燃するかと思ったんだけど……。
 代わりに気を吐いていたのが「マッドマックス
  あれ、面白かったし、評判もいいもんにゃ。

 「マッドマックス」にインスパイアされて1 「マッドマックス」にインスパイアされて2 「マッドマックス」にインスパイアされて3

  惜しいのは13、14年の「ガルパン」同様再現度が低いんだよね。
  映画にトヨダAA型にゃんて出てこにゃいもんにゃあ。
  ドイツ兵っぽい格好の人もいなかったよ。
 その点謎なのはウルトラ警備隊をモチーフにした作品が2点もあった事。
  たった2点?
  今、「ウルトラセブン」に脚光が当たるような事ってあった?
  う~ん、思いつかにゃいにゃ。
  でしょ? たった二つとはいえ被るのは珍しいんじゃないかな。

 ウルトラ警備隊仕様トヨダAA1 ウルトラ警備隊仕様トヨダAA2

 SUPER7URTRA

  トヨダAA型のドライバーがクリアパーツににゃってるにゃ。
  ウチの想像だけど、第1話「姿なき挑戦者」で人が忽然と消えてしまうシーンが元になっているんだと思う。

 姿なき挑戦者

  後部座席にも誰かいるにゃ。
  タイトルにある宇宙人だね。こちらは元ネタはなくて、漠然としたイメージみたい。
 正直、今年は凄い! 面白いっ! って思える作品は少なかった。遊び心が足りないように感じたね。
 それでも印象的な作品が全くなかったわけじゃない。ウチがいいと思った作品を紹介するね。

 “Dingo”

  シリアスな雰囲気があるにゃ。
  同じ車でもこっちはだいぶ印象が違う。

 ディンゴ

  影が犬の形ににゃってるにゃ。
  絵画的だね。

 M60A2

  変な形の砲塔だにゃ。
  オリジナルか? って思っちゃうけど実在した戦車なんだ。新機軸をいろいろ盛り込んでみたのはいいけど、値段のわりに使い勝手が悪く、短命に終わったんだって。

 Sommer und Winter

 冬季迷彩と三色迷彩を一台に描いてるのが面白い。
 軍服のせいか、禍々しくなっているのが「ピーターラビットのせんそう」。

 ピーターラビットのせんそう

  可愛くにゃいにゃ。
  デブのおっさんがいい味出してる「TWO RIDE TOGETHER」

 TWO RIDE TOGETHER

 恐竜つながりで「おやつの時間」。ウチはこれが一番よかった。

 おやつの時間

  あ、車体にジュラシックワールドって英語で書いてあるにゃ。
  映画「ジュラシックワールド」に触発されたのかもね。
 最後の画像、札とディオラマの台座をよく見て。

 撤収! (SASコマンドビークル)

  あれ、台座と札のタイトルが違うにゃ。
  じゃあ次はこの画像。

 撤収!(SASコマンドビークル)(2014)

  同じタイトルだにゃ!
  エントリーNOが同じだから、間違えてこの作品の札を使っちゃったんだね。他にも誤植のある札があった。
  ミスが目立つにゃ。
  特に札のつけ間違いは問題だよ。どっちの作者にも失礼だからね。

  来年に期待だにゃ。
  カンバック、「ガルパーン」!
  違うだろ!


テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : マッドマックス トヨダAA ウルトラ 暁斎

ほむほむファンならたっぷり遊べる! figma悪魔ほむら

 九条小夜子(以下九) 悪魔ほむらキター!

 Figma悪魔ほむらBOX

 豊橋ミケ(以下猫) 「ほむほむにベベといったらこれ! Figma百江なぎさ」で小夜ちゃんが買ったヤツだにゃ。今、届いたのかにゃ。
  予約した時は年末っていってたのにねぇ。
 は独立しているわけじゃなくて、バックパック上の透明パーツに付いている。

Figma悪魔ほむらの翼

  スカートやが邪魔ににゃって台座に付けにくいにゃ。
  そうなんだよね。後で気づいたんだけど、それが役立つ時もあるんだ。
  役立つってどんにゃ風に?
  それは後でね。
 付属品はぐったりキュウべえとダークオーブ。

Figma悪魔ほむら

  ぐったりキュウべえで「叛逆の物語」のあのシーンが再現できるにゃ。
  もっと凄いのはダークオーブ。

ダークオーブ

  小さっ!!
  あっ、一円玉の向きを間違えた~。
  いや、それは見ればわかるから問題にゃいにゃ。
  パッケージを開ける前からなくしちゃうんじゃないかって気が気じゃなかったよ。このサイズを塗り分けるのは本当に大変だったと思う。さすがプロ。ウチにはできないな。
  比べる事自体おこがましいにゃ。
  うるさいな、もう。
 ぐったりキュウべえの次にみんながやってるのはまどかとのカップリング!

まどか もう二度と あなたを離さない

 劇中にはなかった事もできるよ。
 たとえばをたたんだ状態。

Figma悪魔ほむら 翼をたたんだ状態正面 Figma悪魔ほむら 翼をたたんだ状態側面 Figma悪魔ほむら 翼をたたんだ状態背面

  翼が半透明パーツにゃのがかろうじてわかるにゃ。
  そうそう、届いたのが夕方前だったから逆光気味になっちゃったけど、こっちの写真ならもっとよくわかると思うよ。
飛翔

  指が……。
  今後の課題だね……。
 側面の写真を見ればわかると思うけど、この悪魔ほむら、翼のせいで顔を上に向ける事ができないんだ。厳密には胴体部分、胸と腹の境目の所を上手く上向きにすれば可能なんだけどね。どっちにしても後髪が不自然に持ち上がった状態になっちゃうんだ。両サイドの髪と同じく後髪もゴムのような柔軟な素材にした方がよかったと思うな。
  コストの都合にゃのかにゃ?
  どうなんだろうね?
 それはさておきほむらといえば眼鏡! 悪魔ほむらにも眼鏡をかけられるんだ!

悪魔メガほむ 眼鏡をかけてみた

  印象がかにゃり変わったにゃ!
  丸くなったような気がするね。あと、これ、台座を使わず脚とスカートの先だけで立ってるんだ。台座無しで立てるなんてfigmaに限らず可動フィギュアの中じゃ珍しいんじゃないかな?
 さらにfigmaのほむらと顔を交換してみたよ。

悪魔ほむらにfigmaほむらの顔 figmaほむらに悪魔ほむらの顔

  figmaの方はあんまり変わらにゃいにゃ。
  やっぱり眼鏡は偉大だね。
  そういうもんかにゃあ?
  悪魔ほむらにメガほむの顔はスムーズにいったけど、その逆はちょっときつかったな。
  え、それじゃ……。
  いやいや、強引にはめこんだりはしてないよ。
 色の違いさえ気にしなければfigmaほむらの手も交換できる。
  ということは……。
  うん、もちろん持たせてみたよ。メガほむといえばゴルフクラブだからね。

メガほむといったらやっぱりこれ!

  肝心にゃゴルフクラブがボケてるにゃ。
  うん、そこは失敗。撮影中に気付かなかった。いくつかの写真は後で撮り直そうって思ってるよ。
 ほむほむファンならたっぷり遊べる悪魔ほむら。やっぱり一般販売しましょうよ、マックスファクトリーさん!
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [DVD]劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語(通常版) [DVD]
(2014/04/02)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る


テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

tag : figma ほむほむ 悪魔ほむら まどか 眼鏡 メガほむ 可動フィギュア

まだ25日だから大丈夫!!

九条小夜子(以下九) メリークリスマース!!

 ギャンタクロース
 
 豊橋ミケ(以下猫) 今年のクリスマスもあと1時間ちょっとで終りだけどにゃ。
  26日になるまではクリスマスだからいーのっ!!
 今回ばかりはしょうがなかった。
 クリスマスに何かやるのって2009年の「ゾックロース」以来だね。
  発想がその時と同じにゃだけにゃらまだしも、時間がにゃくてきれいに濡れにゃかったところも同じだにゃ。
  塗装のずさんさに関してはスケジュールを甘く見ていたウチが悪い。全身ムラになってるし、命のはずの顔のモノアイがいびつになっちゃたのは痛い。下手くそと言われても何もいい返せないよ。
 このギャン、最初期のガンプラをミニサイズで復刻したシリーズの第一弾なんだよね。これってトレカ同様中身がわからないんだ。で、ギャンはダブっちゃったんだよね。一つはギャンギャギャンにしようと思って途中まで同時進行で作ってたんだけど、間に合わないと判断してやめたんだ。
  その甲斐あって24日にはできたんだよにゃあ。
  そうそう。予定通りならその日にアップするはずだった。
  まさかあんにゃ事が起こるとはにゃあ。
  そう、そうなんだよね! 夜の6時にできたんで、背景の紙を新しく買う余裕もあったんだよ。形はいいかげんだけど星も作ったんだ。
  ぼんやりとだけど写ってるにゃ。
  さぁ、撮影だ! って思ったら何とぉー!
  ……「Gレコ」の観すぎだにゃ。
  デジカメのバッテリーが切れていた!!
 まさに青天の霹靂、まずい事に25日は午前中に予定が入っていたから充電を待って更新するわけにはいかなかった。
  24日は諦めて、25日の夜に撮影する事にしたにゃ。
  イブは逃したけど25日ならまだクリスマスだもんね。
  グダグダだけど間に合ってよかったにゃ。
  ホントそうだね。
 次は年賀状に「ホビージャパン」の付録だ、頑張るぞ~!

HGUC 1/144 YMS-15 ギャン (機動戦士ガンダム)HGUC 1/144 YMS-15 ギャン (機動戦士ガンダム)
()
バンダイ

商品詳細を見る

 

テーマ : ガンプラ大好き
ジャンル : 趣味・実用

最新記事
カテゴリ
最新コメント
一読の価値あり!
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

グーバーウォーク
ブログ内容の分析結果で謎の生物グーバーが産まれ、このブログの今を表します。
検索フォーム
投票ボタン
blogram投票ボタン
QRコード
QRコード
ツイッター
月別アーカイブ